House Hunting in Toronto. - その3 -

たった1ヶ月弱ではありますが、毎日のようにライブラリーに顔を出していると「顔見知り」っていうのはできるもんで、何気にライブラリーで顔を広げつつあるマミーさん(笑)少しずつではありますが、カナダに根を生やしつつあるのを感じます。
こちらの子供は気さくで(大人も。)英美里の社交的な性格もあって、すぐに打ち解けて楽しそうにあそんでいます。今日も同じ年頃の姉妹と長いこと仲良く遊んでいたので、帰り際、姉妹のお母さんに挨拶程度に声をかけ、引っ越してきたばかりで仮住まい中なこと。本住まい先に移るまで学校に行かせられないこと。など話しましたら、あ~らビックリ。このお母さんも同じ境遇とのこと。

イギリスから私たちと同じ時期にカナダに越されてきて、本住まいに移るまで子供たちが学校にいけないので、いい加減退屈して扱いにくくなっている子供たちと一緒に毎日なんとかなんとか過ごしていること。(涙)本住まいへの引越し日も1ヶ月先。・・・そしてそして。仮住まいしているコンドミニアムのビルまで一緒で。(笑)・・・お互いの苦労を分かち合う同士に出会いマミーさんたちも意気投合。ちょっとだけのつもりが色々積もる苦労話をしてお互いの労を癒しあいすっきりした気分で帰ってきました。・・・(笑)

明日はお友達に飢えている子供たち同士(涙)、ビル内のリクレーション施設でボーリングの約束をしてお別れしました。

今日はちょっとへこたれモードだったんですが、同じような境遇でがんばっているお母さんがいるんだわ~。私だけじゃないのね~。・・・と思うとなんだか元気がでました。



さてさて。
「シロクマ家 お家さがし騒動」もおかげさまでひとまず終了いたしました。
迷子になるような家(そして、古い。なんだか怖い。・・・)を見てきたあとのせいか、ものすごく手狭に感じたタウンハウスなのですが、ま。小粒家族が住むには充分じゃないでしょうか。小さな家には慣れている日本人とイギリス人ですしね。

ただ・・・残念なのはバンガロー(平屋)住まいが理想だったマミーさんにとって、2階建てはおろか、3階立てのタウンハウスっていうのは酷。ってなもんです。

が・・・そんな贅沢はいってられません。
バンガロー住まいは「夢のマイホームゲット」までとっておくことにして・・・しばらくの間は3階立てでも住んで、階段上がり下がりに励みこの怠けきった体を鍛えようとおもいます。(爆)


今回は学校もありますが、ロケーションが決め手になりました。
家の目の前が公園。(遊び盛りの子持ちには重要ですぅ。)
ショッピング。ライブラリー。YMCA。学校などなどが徒歩圏内。

そして、今回ど~してもマミーさんのハートをつかんで離さなかったのが、日本人経営のお魚屋さんがご近所さん。こんな日本人妻をもってしまったシロクマ氏には申し訳ないですが、行き着くところは・・・食べ物でした。
彼のオフィスからはちょ~っと遠い気がしますが、家庭平和のため・・・え~んやこ~ら。でございます。

おうち探しが難航した際、「Realtor.ca」を通して、数件のリアルターさんに問い合わせしましたが、手ごたえなく。最終的には日本人のリアルターさんが出してきてくれたところで決めました。
家探しだけではなく、トロント生活情報などもご紹介いただいてとても親切にしていただき感謝ですぅ。こまったときのジャパニーズリアルターさん頼み。ここトロントにあってよかったですぅ。
e0123596_11493732.jpg

家探しで落ち着かない状態が続きましたが、それもようやく終わり、また心の平和も取り戻し、子供たちの世話に専念できる日々がもどって・・・なによりです。

これで晴れて本住まい先に異動して英美里も学校に通わせてあげれるわねっ!!(嬉泣)と喜んだのもつかの間。
仮住まいアパートメントの契約が来月半ばまであること。オーストラリアからの家財がとどかないこと。
などなどで、冬のカナダ。英美里さん学校なし~の生活はあと1ヶ月つづきますぅ。


がんばれ~英美里。
がんばれ~自分。

[PR]
by sumie-s | 2010-01-15 11:50 | Moving to Canada
<< Heart Warming V... House Hunting i... >>