憂鬱の種。

あ~めあ~めふ~れふ~れか~さんが~♪
ただいま土砂降り中のトロントです。
恵みの雨ですね。・・・涼しくて仕事がはかどります。


さて。
日曜日のお散歩にOakvilleのダウンタウンへでかけました。
e0123596_3171889.jpg
冬に家探しのときにリロケーションヘルパーさんとなんどか足を運んだこの街。(なんであのときここにきめなかったんだろ~。ぼさっとしてましたね。笑)
冬の雪化粧された景色も美しかったですが、新緑と花で飾られた初夏(っていうか毎日暑いですが。)の街の風景に気分もあがります。

e0123596_3174633.jpg
情緒のある、うつくしい町並み。大好きだったBostonのBrooklineのみたい~。・・・(って。Boston出身のヘルパーさんにBrooklineみたいなところ。といってお願いしたらここを紹介されたのでした。)
e0123596_3182073.jpg
今日のタイトル「憂鬱の種」。どこに住んでも一長一短。・・・で天国というのはないのはわかっているけれど、未来の担い手の人間さんたちを育ていてる立場として、環境とかマナーとか私は気になるんですよね~。


うつくしいこの町にはそういうことを大事にする人たちが多く住んでいるのだろ~な。
e0123596_319363.jpg
昨日は公園でまたまたタバコを吸い、その吸殻をポイッとブランコの真下に捨てたスパニッシュを話すお母さんの姿をみて「またか。」と落ち込んでいたマミーさんです。自分も小さな子供の母でありながら、その遊び場で喫煙、ポイ捨てを躊躇することなし。(怒)
e0123596_3194187.jpg
今日はIKEAでお友達とランチをいっしょにさせてもらったんですが、ここでもロシア系とみられるの二人の白人初老の女性たち。並んでいる私たちのスペースに割り込んで(英美里だって窮屈そうに不満顔。)何食わぬ顔で進んでいき、一人が私たちの前に出たらもう一人も私の顔色を伺いながらも前に出ようとしたので、我慢ならず・・・ほえてしまいました。


ココにきてから何度となく出会う「憂鬱の種」をまいてくれる人たち。
違う世界から来た人たちと割り切れてしまえばいいんでしょ~けどね・・・正直ストレスたまります。

ストレス発散のため・・・掃除。
家の中もすっきり。
気分もすっきり。

これがいちばん。



ちなみに・・・
トロントは公園など市内の子ども向け施設やその付近での喫煙が禁止。喫煙禁止の対象となるのは、トロント市内の公園、森林、動物園やファームなど、子ども向けレクリエーション施設とその9メートル範囲内。


だそうです。在カナダ10年のお友達から聞きました。

よっしゃ。
今度はもっと強気でいきます。

でも。
こんなことでイライラしたくないですよね。
運気下がりそうだし・・・いやなことはさっさと忘れたほうがよいですね。
[PR]
by sumie-s | 2010-06-03 03:20 | Daily Living-Toronto
<< 早起きは・・・。 マミーさんが売り子さんになった日。 >>