しろつめ草。

毎日暑かったり、地震があったりビックリ・・・のトロントです。
耐震構造なんてぜったいないだろ~。っていう高層ビルディングを目の前に倒れるんじゃないかしら。って本気でビクビクしてしまったマミーさんでした。

そしてそして。
我が家の近所のアパートメントに住むお友達の家はエアコンがないそうで、窓枠につけて使うタイプのエアコンは法律で禁止されているからとりはずさなくちゃいけなかったとかで・・・この暑さの中エアコンなし生活。

ま。ここのところ、温暖化で気候の変化もありますし、数年前まではそんなに暑くなかったかもしれないし、今年は特別暑い夏なのかもしれない・・・でも、エアコン。・・・ま。窓枠にはめるタイプは室外機が落ちる可能性大ですし、危険だからつけちゃいけない。っていうのかもしれないけど、エアコン取り付けちゃいけませんよ~。なんて・・・そりゃ~せっしょうな~。って思ってしまうのは私だけかな~。

でも。
地球温暖化にはエアコン使わない生活がいいのか~・・・我が家もほどほど最低限でがんばろ~。

そういえば。
イギリスもエアコンがない家がおおいです。でも、あれは仕方ないですよ。イギリスですから。(爆)でも、シロクマ氏は我慢できないだろ~なぁ。



ところで。
先日、英美里が摘んできた「しろつめ草」。
部屋に何気においておいたら、驚くほどあま~くてと~っても良い匂いでいっぱいになりました。

シロツメクサってこんなに素敵なにおいの花だったのね。
大人になって初めてしったうれしい発見。
e0123596_3123650.jpg

・・・のあとだったんですが。

今日もなんとな~く悩んでいるマミーさん。

今日も英美里の歯医者さんで、朝から地下鉄にのって、North York Centreまででかけてきました。(日本人の歯医者さん。というので、予約をいれたつもりが、土曜月曜以外は日本人の歯医者さんではないそうで。わざわざ電車にのっていく意味がな~い・・・ポカしてるマミーさん。笑 でも、子供にも感じが良かったし、きれいに仕上げてくれたので・・・ま。いいっか。)

歯医者さんの後、子供たちをつれてランチを取り、お店を出ようとしたときに、年のころは60歳くらいの白人男性に「耳が聞こえません。お金を恵んでください。1ドル。」と書いてある、メモを見せられました。
基本的に浮浪者にはお金は上げない主義なんですが、今日はどうしたのでしょう。
男性の浮浪者っぽくない風体と、個人的にアプローチかけられたせいかな。それと、耳が不自由ということもあったかもしれません。

ちょっと悩んだんですが、1ドルあげて、一本ボールペンをもらいました。

でも・・・ほんとうによかったのか・・・なんとなく腑に落ちなくて。
アメリカならまだしも、ここカナダも(オンタリオ州は。)税金が高いですし、もし、この男性が障害者というなら保障はあるはずでしょうし、なければ、私たちが払っている税金はどこへ?という疑問がわいてくるわけで・・・。

でも、困っているというんだし。
すぎてしまったこと。忘れよう~。と思った矢先。先ほどの男性が物乞いをしつつ、私たちの後ろを歩いているのに気がつきました。
気になってしばらく振り返ってみていると、男性が立ち止まり、タバコに火を。

あ~やっぱりあげたお金はたばこ代とかに変わっちゃうんだ~。

あげなきゃよかった~。

あほなマミーさん・・・今日は不覚だったな~。

と思う週末の夜なのでありました。



お金が本当に必要な人はもっとほかにいるんです。
クリック募金で地道に募金。
こちらのほうがもやもやすることなくていいですから。
[PR]
by sumie-s | 2010-06-24 03:13 | Daily Living-Toronto
<< 幼稚部終わり。 Happy Father... >>