「ほっ」と。キャンペーン

英美里さん7歳のお誕生日会。

引越し族の悲しいところで・・・去年はさみしいお誕生日だったから。・・・今年は楽しくお友達を招いてお祝いしてあげたい。
と、シロクマ氏のうしろめたさ娘を思う願いもあって、今年はお誕生日会をやりました。
(お誕生日会の前日にはお二人仲良く映画デートにまで、お出かけになってっ。・・・「そ~~~んなTreatマミーさんにはも~~~とんとないな~~~っ!っていうか、将来的にももうないのかも~。」と過去の栄光のザ(そんなものないない。)を奪い取られた女の心の声。きこえちゃいました~。)

6・7歳女子10数名をおもてなしするなんて。
と。
ここのところ2歳児相手専門のマミーさんはかな~りナーバスだったんですが、考えてみれば、こんな風に「お誕生日会♪」なんて楽しませてもらえるのも、もってあと数年かな。・・・と。
今年は(も?)思いっきりGirlyにマミーさんの趣味丸出しでやらせていただきました。
e0123596_3252041.jpg


テーマは「(ちょっとだけ)Royal Princess Party」

バースデーケーキはカップケーキ。
メルヘンチックにパステルカラーにお花つき。
e0123596_3271257.jpg


ゲストの皆さんにお渡しする「Goody Bag」?「Root bag」?「Lolly bag」?・・・ま。ところ変われば呼び名も変わるのですが、いわゆる手土産もかわいいカップケーキちゃんにしましたよ。
実はこれリップクリーム。それに、バービーのTattooとSweets。
7歳女子ともなると、お化粧ものや、Tattooなんて・・・ちょっとおすましなものが手ごたえがよろしいようで。
e0123596_11284236.jpg


ついこの前まで、「プリンセス~♪」とおとぎばなしに夢を見て、トイレトレに一喜一憂していたはずなのに、いつの間にか、ずいぶんとお姉さんになってしまった英美里さん。
「マミぃ~~~。」て、毎晩のようにわたしの枕元に立っていた彼女が恋しくなってしまいました。・・・
e0123596_327576.jpg
どんどん大きくなっていってしまうんだろ~なぁ。って思うと、ちょっとぼさぼさしてられないかも。・・・と。いまできること。せっかく女の子を授かったのだからマミーさんの子どもの頃の夢ものっけちゃって、大好きなガーリーなことやっておきたい~。


ってことで。
7歳のお誕生日会はプリンセスにきてもらっちゃいましたっ!!
7歳ともなると「もうプリンセスなんて卒業よ。」なんて子もいて・・・ギリギリセーフだったな。(汗)


でも。
ちょっと現実がわかってきて生意気大人になってきたな~。とおもっても、そこはまだまだ7歳女子。
さすがにプリンセスを前にするとかわいいかわいい。
みんな魔法にでもかかったかのように、ティアラをつけて、メイクアップにマニキュアをしてもらって目をキラキラさせて、鏡に映るちょっと変身した自分に惚れ惚れしてみたり。照れくさがってみたり・・・。

ゲームにダンスにファッションショーに大いに盛り上がったパーティ。7歳女子本領発揮の姿、とくと拝見させていただきました。
最後はお友達み~んなで大きい元気はつらつ~な声でたのしい~ぃハッピーバースデーを歌ってもらって、みんなにせかされながら願い事をして・・・み~んなでろうそくを消して。

元気な沢山のお友達に囲まれてうれしそ~にしている英美里の姿を目の当たりにすると、心底うれしい気分になるマミーさんなのでした。


これがマミーさんが目にすることがあまりない彼女の世界。
よかったな。たのしそうで。

e0123596_34776.jpg
今朝はいつもに増して、学校に行くのが待ちきれない様子の英美里さん。
今日は朝から仕事がいそがしいダディさんに代わってマミーさんが送っていきました。

ひさしぶりにみる、バックパックを背負って、みんなに遅れまいと校庭を元気いっぱい一生懸命走っていく彼女の後ろ姿。


いつのまにか~大きくなっちゃって~、なんだかせつないな~。
英美里さんの後姿を見送って胸がいっぱいになってしまったマミーさんなのでした。



********************************************************


英美里さんの通う学校で、学校主催の募金活動で「Help Japan Club」というのが発足されました。

これがちょっと素敵な活動で、生徒さんたちからのアイデアで、日本の「千羽鶴」をヒントに、生徒たちが「折鶴」の折り方を習って、ひとつ作るごとに生徒さんたちがToonie(2ドル)を寄付をする。といったもの。

こうして折られた鶴たちは教室に飾られて、震災で被害に遭われた、人々のこと・・・日本のことを心にとめるシンボルになるのです。
e0123596_1495368.jpg


この活動が始まってから、英美里さんも折り鶴作りに熱心になりました。


子どもたちの手によって、沢山の鶴がここカナダ・トロントにて日本の皆さんのことを思って折られています。
沢山の願いと祈りをこめて。
[PR]
by sumie-s | 2011-03-26 14:09 | 英美里 Emily & 星豪 Theo
<< ぼくちゃんの箱庭的Wonder... 英美里さん7歳のお誕生日。 >>