宿題騒動。

コーヒーを片手に我が家のデッキでも紅葉狩り。
色とりどりの紅葉がきれい・・・
e0123596_61614.jpg

だったの。
先週までは。

風が吹いて、冷たい雨が降って・・・家の前の木も、いまではすっかり葉も落ちてしまいました。

冬はも~すぐそこだな。

さてさて。
先日起きたシロクマ家の宿題騒動のお話。
英美里さんの学校から2週間くらい前に「Family Tree(家系図)」のプレゼンテーションをするので、準備してください。という内容のお手紙をもらって、1週間くらい前にシロクマ氏とあ~でもない。こ~でもない。とアイデアを交換していて、やる気満々だったにもかかわらず。
締め切りの当日。家を出る10分前になってやってないことに気がついてしまいました。あ~ぁも~致命的~。

日本語学校の宿題その他モロモロはマミーさんがやって、家のこととか星豪のお世話も合わせると、正直マミーさん的にはこれで手一杯~って感じで、毎日ローカルの学校の宿題などなどは基本的にシロクマ氏担当にやってもらっていました。
今回もシロクマ氏がやる気になっていたので、ほうってしまったマミーさん。締め切りくらい気にしていなくちゃいけなかったのに。
すっかり忘れてしまってて。


自分の気の利かなさは棚に上げて、ポカをやったシロクマ氏にイラっときちゃってね、ひょんな言葉が引き金で、朝から夫婦喧嘩勃発です。
喧嘩しつつもA4の紙にボールペンでダディさんとマミーさんサイドの家系図を簡単に書いて、英美里さんに持たせて、いつものとおり、ダディさんが英美里さんを学校に送っていったんです。

と。
帰ってきたシロクマ氏がっくりと肩を落として、一言。
「他の子は大きな模造紙とかに写真とか張ってすごい立派なのもってきてた。」って。

そ~だろ~。そ~だろ~。だからそれだけ準備期間が長かったわけだよ。
「英美里がかわいそ~。みんな立派なの作ってきてたのに、英美里はあんなCrappy な紙切れ一枚もたされて。・・・もっと考えてやらなきゃな~。駄目な父親だ~。」と、後悔しきりのご様子。

マミーさんだって後悔しきりでございます。
日本語学校の宿題そのたモロモロで手がいっぱい。
なんていう理由をいいことに、ローカルの学校の宿題のことはすっかりシロクマ氏に丸投げ。

もう少し、気を利かせていれば「宿題忘れ。」なんてことにはならなかったはずなのにな~。
とか。
他のおかあさんは日本語学校の宿題も現地校の宿題も面倒みてたりするのに、自分はも~手一杯。って無責任にもシロクマ氏にほうりっぱなしで、結局、英美里をなさけない状況においてしまったのかも~。がんばりがたりなかったな~。とかとか思いが廻り~、夫婦喧嘩の後遺症もあって、興奮さめやらないマミーさん、泣けてしまいました。
e0123596_10343097.jpg
と同時に、今からでも間に合うかもしれないしっ!
って思って家族の写真を集めて、「Family Tree」の資料作りをはじめたマミーさんを見て、最初は「もう間に合わないよ。」ってあきらめモードだった後悔しきりのダディさんも「ぼくがやる。」って、一念発起。模造紙に写真を貼ってシロクマ家のファミリーツリーを仕上げて、学校に届けに行きました。

ほんと~は、英美里と一緒にひとつひとつ話あって、自分でかかせて仕上げてこそ。・・・の宿題でございます。

が。
今回はこれで勘弁してくれっ。

こんなふうに、まだまだ未熟なダディさんとマミーさん。
今回はまた改めて「子供のこと第一!」を思い知らされたわけであります。
よく「子は鎹」と申しますが、夫婦というのはこういうことも経験して、成長して、結束を強くしていくものなのかもしれませんねぇ。・・・と感慨深く思った今日このごろでございました。

にしても。
「ぼくは出来の悪い夫でお父さんだったよ。これからはもっと良くなるようにがんばるから。仕事1週間休みを取って子供の世話に専念するよっ!だから旅行でも外食でもしておいでよっ!!」

って。
娘は気の毒だし。嫁には泣かれるし・・・で。
気が動転しててついつい口走ってしまったんでしょうけどね。
いった言葉は忘れませんよ~。


今日はね、シロクマ氏。
がんばってたよ~。
名誉挽回ですからね。
そんなことまで。ってところまで、こまごまよくやってました。
けど。
いつまでつづくかしらね~。

Anyway,
なんだかよくわからないけれど、シロクマ家の夫婦喧嘩はいつもマミーさんが優位に立って終わるっていうのがパターンですが、みなさま。こんな「へま」のこざいませんように。



シロクマ家の台風一過。

秋の空。
e0123596_612931.jpg
きれいだな~。

わたしももうちょっとがんばりますわ。

[PR]
by sumie-s | 2011-10-19 11:53 | Daily Living-Toronto
<< ごほうび。 カナダの大きな秋。-- Tha... >>