真冬のUnionville散歩と英美里さん自作のPoem。

3連休のなかび。
晴天なり。でも、寒い。けど、家に閉じこもってばかりもいられない。
家でエネルギーもてあまし気味のチビちゃんたちは外に出たくてたまらないんですもの~。(って、自分も。)

ということで~。
真冬のUnionville散歩。
e0123596_1504228.jpg

雪景色に列を成すグースの群れ・・・その横でそり遊びに高じる人たち。
雪国ならではの風景が広がりますよ。
e0123596_15111.jpg

氷点下プラス風で体感気温はさらに低くなりますが、散歩あとのあったか~い一杯を楽しみに歩け歩け~。

この人たちには寒いのも暑いのもあまり関係ないみたいだけど。
e0123596_151227.jpg

ふふふ・・・とね、思わず微笑まずに居られない。
手をつないで仲むつまじく歩く二人の姿・・・に癒されるマミーさん。

星豪も英美里もずいぶんまた成長しました。
e0123596_1513982.jpg

雪の中を歩くのにちょっと自信がもてなくて~、英美里さんに手をつないでもらっていたと思ったら、大胆にこんなこと。


雪の上に大の字にねっころがって手足をバタバタと動かすとあ~ら不思議。
スノーエンジェルのできあがり。


あ。
ほらね・・・と。
エンジェルさんがここにいた。

*****************************************************************

さてさて。
この前の夜は・・・夕ご飯ぜんぜん食べない星豪に辟易としていたマミーさん。
「ごはんたべなさ~い。」って、説得に説得(お説教ともいう。愚痴ともいう。)を長々と・・・。


そんなマミーさんを見かねてでしょうか・・・英美里さん、ちょっこっとやってきて、なにやら紙切れを冷蔵庫の上にパタッとマグネットで張ってそそくさと走り去っていきました。


はてさて・・・なんでしょ~~~。


書かれていたのは、み~んな笑顔の家族のイラストと、彼女自作のポエムでした。


なになに。・・・

Dear Family

The picture on the back is made with my love to you from me.

The colors are bright so you can see the love in my heart that is what you need.

The hard work that my daddy does I give you a chance to have a long break.

The work that my mum does is hard too, So I give you my love...now this poem is through!!

From
Your little partner

(スペルはめちゃくちゃだったので、直しましたが、とりあえず、原文のまま。)
e0123596_152222.jpg

ついこの前までベイビーちゃんだったのにね~、いつの間にか・・・こんなことをかけるようになったのね~。
マミーさん感動~。
この夜は、ささくれだったマミーさんの心・・・反省いたしまして。
英美里さんの愛に癒されました・・・ほんっと。

これは永久保存級の代物。
老後の楽しみに大切にとっておかないと。

子供の愛って親のそれより無条件で深いな~・・・って痛感した夜でした。(単純すぎ?)
[PR]
by sumie-s | 2012-02-20 15:02 | Daily Living-Toronto
<< Happy 8th Weddi... はじめてのおかいもの。 >>