マミーさんの国際交流。

星豪、毎週水曜日のプレイデート風景。
ここトロントではめずらしくカナダ人を両親にもつR君と一緒に。
e0123596_22205587.jpg

彼のお母さんとはかれこれ、2年ほどのつきあい。
であった頃はこんなに長くお付き合いが続くとおもいませんでしたが、彼女の温和な性格は付き合いやすく、長続きの理由かもしれません。

イギリス、ボストン、ダラス、シドニーと・・・それなりに外国を転々としてきましたが、マミーさん的にトロントが一番、国際交流が盛んな土地となっております。
国際交流と入っても、いわばママ友交流・・・なワケですが。

日本にとってはお隣の韓国・中国はもとより、チリ・ベトナム・フィリピン・ジャマイカ・ブルガリア・バングラデッシュ・・・。ウクライナ・アルメニアなどなど・・・こうなってくるとWikiらないとわからないところもあり。

あまり世界情勢に明るくないマミーさんはぶっちゃけ「それどこですか?」っていうお国の人との出会いには戸惑うことも多々ありだったりするトロント生活。

いろんな国の人たちと交流は、日本って言う、小さな島国で、他の国の人とあまり交流することなく育ってきたマミーさんには、大変貴重な体験で興味深いことで。

知り合った、色々な国のお母さんたちを通して、いろんなことを考えさせられるし、勉強させられます。

高度成長期の波に乗って「裕福」といわれ不自由のない(と思われる。)日本出身のわたしは、貧しい国や紛争などを抱えた国の人たちのことを良く知りませんでした。(というか、いまだに良く知らないんだろうけど。)
でもね~、ここで知り合う国々の人たちに・・・立派だな~。えらいな~。と思うことの多いことっ!!!
みんながんばってるよ~。

正直言って、わたしなどダメダメなスポイルされた人間のようで・・・母であり嫁であるな~。
と思い知らされるのでありました。

かといって、何か自分自身が劇的に変わるのか。というと・・・そうでもないのが玉に瑕ですけど。

はてさて。
今日の夕ご飯は・・・なにつくろう。
[PR]
by sumie-s | 2012-05-02 22:21 | Daily Living-Toronto
<< 春のToronto Island. たんぽぽのじゅうたん。 >>