やっぱり泣ける。

e0123596_10533286.jpg先日いつもの公園にて。花を摘んで「マミーさんに。」と言って、拾ったおもちゃのカップにさしてくれました。

そのお花をピクニックベンチに飾って、持ってきたお弁当「のり巻き」を食べました。英美里ののり巻きは「ツナマヨ」。「マミーさん、これおいしい。英美里すき。」と言って食べてくれて、本当にうれしかったです。いつもは私が鬼のようになるまで言うことを聞かなかったりして、ほとほと、疲れさせられたりするんですけど、こういうことがあるから、我が子のことを「憎めない。」って骨抜きにさせられてしまうのでしょう。(苦笑)

ボストンでの生活も2日を残すのみとなりました。30日月曜日にはいよいよお引越し。
ここのところ、引越しの準備。送別会、プラス 英美里の外遊び。と毎日忙しかったです。(送別会をいくつもしていただけて・・・いつの間にかこんなによくしてくれる人たちと沢山しりあっていたのだなぁ。って改めて実感。ほんとうにどうもありがとうございました。私は幸せものです。ほんと。)・・・でも、いよいよ今日は英美里もお友達と遊べるのが最後の日となって、公園で「さようなら」させるのがとてもつらかったです。・・・一番、大好きだったお友達に最後はハグをしてさようなら。・・・本人、わかっていたのかなぁ。ギュッとハグをしては表情が少し寂しそうに見えました。

遠く離れたお友達のいない場所に連れて行ってしまうということ・・・。「彼女なら大丈夫。」「すぐお友達できる。」とは思っていても、やっぱりかわいそうでしょうがない。外遊びをしていつもと同じように疲れているはずなのに、今日はなんとなく寝つきが悪かった。・・・やっぱり、「さようなら。」が彼女なりにわかっているからなのかな。・・・と想像しては、寝かしつけながら泣けて仕方がなかったです。

私が泣いてど~する。・・・と思うのだけれど、やっぱり泣けてしまう夜でした。

[PR]
by sumie-s | 2007-07-28 10:57 | 英美里 Emily & 星豪 Theo
<< ボストンでの最後のエントリー。 White mountains... >>