秋めいてきました。

スーパーマーケットの店頭にはJack-O-Lantern用のパンプキンが山と詰まれて、ハロウィーン向けの商品がいたるところに並ぶようになりました。気温も今日はすがすがしい涼しい風が吹いて秋の気配・・・ようやく。といった感じです。
e0123596_113564.jpg
窓を開け放して、外の空気を吸って、風景を見ながらモーツァルトなど聞きつつ、ブログ更新など・・・芸術の秋ですね。(ってぜんぜん芸術してないですけど。)今までは暑くて窓など開けていられなかったんですよ。冷房が効かなくなりますものぉ。・・・ここ1ヶ月くらいラブリーな気候が続くとうわさされるこちらダラス。「やっと、外でのんびり過ごせるなぁ。」なんて思っていたら、来週からは日本。1ヵ月後帰ってきたころには寒くなっているんだとか。(泣)・・・でも、ボストンの寒さに比べたら・・・ダラスの寒さなんてちょろいもんじゃないの。なんてタカをくくっておりますが、さて。どうでしょう?体験してみてのお楽しみ。ってことにしておきましょう。

里帰りを来週に控えて、「お土産」買いに忙しくしておりますが・・・終わりそうで終わらないのがお土産探しですよね。・・・今回はシロクマ氏も一緒に帰るので、量も気にしなくて良いのだけれど、「あれもこれも。」と買っているとキリがない。っていうのはほんとうですね。お土産文化が盛んでないイギリス人の夫(シロクマ氏)にはあまり理解できないかなぁ。(でも、日本に来た義理母さんはお土産沢山買っていたよなぁ。お国柄というより・・・人柄か。笑)
e0123596_1142152.jpg写真は英美里が2つ通っているうちの、教会のほうのプレスクールにて。・・・スクールのディスプレーも秋仕様に変わりました。生徒たちがそれぞれペイントしたパンプキンにかわいらしい手形のハッパが付いています。英美里の顔もなんだかパンプキンみたいです。(苦笑)教会のスクールでは毎日いろんなことを体験してきます。工作は毎回。そして、MusicClassとDanceClassが日替わり。(定食みたい。笑)帰ってくるといつもみんなで歌ってきたんでしょうね、大きな声で覚えてきた歌を歌う英美里。何をスクールでやってきたのか教えてくれなくてもすぐわかる。(隠し事はできないんですよぉ~。)

教会のスクールは大好きで週に2日。楽しみに通っている彼女。彼女が楽しんでいるんだな。って思うと母も心置きなく自分の時間をすごせるもの。・・・問題は・・・週3日行かせている、Privateの方のスクール。
彼女どうもこちらの学校に馴染まない。学校に送っていくときに、もう泣く様なことはなくなったんだけれども、いつ聞いても「行きたくない。」「嫌い。」・・・学校の教室まで連れて行って、立ち去るときも、他のスクールなら私の存在など忘れて遊びに飛びついていく彼女なのに、なんだか立ち尽くしているだけ。・・・時には私の姿を目で追っていたり。
なにが原因なのかなぁ。人間だから先生と相性が会うとか会わないとかあるだろうし。生徒の数15人に対して、先生1人。というのも、少ないような気もするし。(このあたりのPrivateの先生と生徒の割合は大体このくらいが平均。)気になるのは・・・担当の先生の「おはよう。」の挨拶がないこと。たいしたことではないのかもしれないけれど、ご挨拶は元気良く。って子供のときは教えられたぞ。
いずれにしても、彼女が幸せではないようなので、やめさせることに。

いくつか他の学校を探してみたけれど、どの学校が彼女にあっているのかわからず。どれもピンとこない。・・・また、彼女が馴染まなくて、同じことになるのなら週2日だけスクールで後は自宅かなぁ。と覚悟を決めかけていたところ・・・以前Waiting Listに載せてもらっていた教会のスクールから連絡をもらいました。教会のスクールはBibleStudyなどあるものの、宗教に違和感がなければ設備はすばらしく、先生と生徒の割合も10人に2人と多くてよいのです。(我が家の場合、私もシロクマ氏も無宗教に近い人たちだけど、一応、シロクマ氏はクリスチャンなので、OKとしています。「食べ物が与えられることに感謝しましょう」とか「人には優しくしましょう。」なんていう道徳的なことをメインに教わってくるので、私としては良いかな。)・・・それに、なんといっても普段から仲良くしてもらっているお友達が同じスクールにいるのはきっと大きなプラスになるはず。

と・・・里帰りから帰ってきたら英美里は新しいスクールがまた始まります。
毎日楽しくスクールに行く彼女の姿が見れますように。
[PR]
by sumie-s | 2007-10-12 12:00 | 英美里 Emily & 星豪 Theo
<< Pumpkin! Pumpki... 「Thai Chili」in ... >>