ひなまつり。とマミーさんのかみなり。

e0123596_3503396.jpgダラスは昨日とても寒くて夜には雪が降りました。うっすらと雪化粧した景色を眺めていてボストンの冬を思い出しました。
2月に半そでで歩ける日があるかと思ったら3月に雪。ダラスの気候あなどれません。

そして、昨日は3月3日「おひなさま」。
我が家には和紙でできたちいさなおひな様しかいないけど、気持ちだけでも・・・とこの日は英美里の好きな「トマトスパゲティ」に「ストロベリーパフェ」でささやかなお祝いをしました。

先週の金曜日から突然発熱して、週末はおでかけは控えめにしておとなしくすごして、昨日にはほぼ平熱に戻っていたのですけど、念のためスクールをお休みさせました。
が。
「やっぱり学校にいかせればよかったかなぁ。」というくらい元気。
さすがに昨日は家にいるのにも飽き飽きしてきていたのでしょうねぇ。
どうしたものか・・・この日はいたずらしてばかり。
こんなに元気なんだったら外遊びでも・・・と思うものの、外は冷たい雨・雨・雨・・・。
神経さかなでされつつも、「娘が病気休暇」をとったシロクマ氏に支えられながら「今日はひな祭りだし、雷だけはおとすまい。」と心に決め、声のトーンをできるだけ落として怒るまい、怒るまい・・・と、努力していたのです。
が。
夕飯を無事に食べ終わった後、ここまでがんばった甲斐なくどっかん。とマミーさんのカミナリはあっけなくおちることに。・・・

「おひなさまのスペシャルデザートは良い子だけが食べれるんだからねぇ。ちゃんと座って待ってなさ~い。」とダディさんと、マミーさんのさんざんの注意も聞かず、席を離れ、ふざけまわった結果、「グラスいっぱいに入ったマミーさんのジュース」を床にじゃ~。

・・・
・・・
・・・

「どあぁ~から言ったでしょ~~~。どあぁ~~~うして待ってられないのぉ~~~。デザートはぬぁしだからね!!部屋で反省しなさい~~!!」
・・・泣きじゃくってベッドに逃げ込んだ英美里さんでした。


それでもね。
やっぱりおひなさまだし。・・・ってことで、気を取り直して家族3人でデザートをいただくことに。
e0123596_135291.jpg

これは待望のスペシャルパフェにありつけた時の彼女の写真。
泣きはらした顔に笑顔でパフェを「おいしぃ~ね。おいしぃ~ね。」って、何事もなかったかのように食べていました。
母は最高の笑顔でパフェをほうばる彼女の写真を見てなぜか心が痛むのでありました。「あんなに怒るんじゃなかったなぁ。」って・・・

ものすごく怒られたのに、めげることなく、涙も乾かないうちに最高の笑顔でパフェを食べている英美里。「この屈託のなさ」が彼女のすばらしいところなんだなぁ。
その天真爛漫なところが彼女のすごいところなんだ。まだまだ小さな女の子だしぃ・・・ちょっとしたそそぉ。あんなに怒らなくても良かったよね。・・・と反省して、寝顔に何度も「ごめんねぇ。ごめんねぇ。」と謝ったおひな様の夜なのでありました。

[PR]
by sumie-s | 2008-03-04 22:30 | 英美里 Emily & 星豪 Theo
<< 突然の休校。救いのお誕生日パーティ。 Fort Worth Stoc... >>