Summer Vacation.

地球の反対側に住んでいるみなさんからクレームともいわんばかりのコメントをいただいているシロクマ便り。
でもね、しつこいようですが、こちら夏なんです。暑いですぅ。(笑)

英美里にお風呂に入れられてデッキで干されているうさぎさんの後姿・・・暑そうです。
e0123596_1285799.jpg

そして、ただいま学校は夏休み。
でも、それも2週間を残すのみとなり、そろそろTVでは「Back to School」準備にあわせたコマーシャルが目立つようになりました。

「そしらぬ顔で子供をスクールユニフォームにドレスアップして、笑顔で学校へ送り届け・・・何事もなかったようにそそくさと家に帰り・・・ドアを閉めたとたんガッツポーズ。」

ってなコマーシャルを見たときには「いいところついてるよね。」と苦笑いしてしまいました。
どこの親も同じ心境なのだろ~なぁ。ってね。(笑)


我が家の英美里さんもなが~い半年のブランクを経てようやくレギュラーの学校通いがはじまるのです。このの~んびりとだらだら~~~とだらけきったまさしく夏休み!っていう生活から抜け出るのが・・・うれしいようなさみしいような。・・・複雑な心境ですが、英美里は学校に行きたくてうずうずしているのがわかっているだけに早く始まってほしいです。

というのも、今朝もふとダラスを懐かしんで帰りたそうにしていた彼女。
そんな彼女をみるのは正直切ないんです。
ダラスでは毎日大好きな学校にいって、学校が終ったあと。そして、学校がなくても沢山のお友達と楽しくすごして、大好きなプールだって毎日のように行って。・・・

彼女にとっては楽しいことだらけだったに違いないダラスでの生活。

こちらでは、夏休み中ということもあって、学校はないし。毎日お友達と遊び倒していた日々もなし。気の毒になることもしばし。

でも、Kinderに通うことになれば・・・また、新しいお友達を見つけて楽しい毎日がまっているにちがいないはず。・・・もうしばらくの辛抱なのだぞ。英美里。そして、自分。と言い聞かせている今日この頃です。
e0123596_1291588.jpg

余談ですが。
ビジネスヴィザで滞在の場合、オーストラリアはパブリックスクールでも年間5000㌦ほどかかる学費、実費です。
アメリカやイギリスだとかからないのにね~。・・・パブリックに入れてもプライベートにいれてもあまり関係ないんですね~。ちょっと損した気分ですが、会社が払ってくれるので腹はたたなかったゲンキンなワタクシであります。(爆)駐在でこちらにすんでいる日本人の方なんかはプライベートに入れる人が多いのかなぁ~。・・・

我が家の英美里さんは地元の小さなパブリック。同じ学区に大きな学校もあったんですけど、シロクマ氏も私もちいさい学校がよかったんです。英美里の学年は17名で2クラス。ちいさな子供はできるだけ先生のアテンションが届くほうがいいかな~。と思うのがひとつの理由。ハイスクールになれば学校の規模は必然と大きくなるでしょうし・・・。プラス。見に行ったときに環境が静かでのんびりそうで、学校側の対応が丁寧だったのでほかをみてまわらずに決めました。

これから始まる学校生活。のびの~び。やってもらいたいものです。お勉強は・・・基本的に日本語だけはやってほしいんですが多くはのぞみません~。
算数の割り算にくじけても、数学でサインコサインがぜんぜんなんのこっちゃ。・・・ってことでも・・・人生ひょうひょうと幸せにいきている代表がここに一人いるのでね。ぜんぜんいいんです。


子供らしい時間は子供のときにしかすごせませんからね。
その時間を大切にしてあげたいなぁ・・・というのが我が家の方針。

勉強のこと聞かれてもこまるし。


Anyway,
はやく学校始まるといいな~。と思ったプチ母子家庭Day2の夜でした。
[PR]
by sumie-s | 2009-01-13 12:09 | 英美里 Emily & 星豪 Theo
<< 何気に。 Newport Beach. >>