「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Newport( 2 )

Newport in Rhode Island 「Newport Mansions」

e0123596_3532748.jpgランチの後、車を走らせ、シロクマファミリーが向かったのは、町外れにある「Newport Mansions」と呼ばれるお屋敷が立ち並ぶエリア。このエリアには12戸もの、豪邸その他が立ち並び、「その多くは、南北戦争終結後から20世紀に入るまでのアメリカの人口・領土・産業・富が飛躍的に増加した狂騒の「金メッキ時代(Gilded Age、1865年-1901年)」に建設されたものである。」だそうです。(Wikipediaより抜粋。)その邸宅は一般公開されていて、内部を見て回ることができます。今回私たちが購入したチケットは「The Breakers Plus Ticket」23ドル/ Personなり。有名どころのThe Breakersとその他ひとつPropertyを見ることが出来て、お得なパッケージ。とは言っても、元は個人の別荘。・・・その別荘を見せていただくのに、お金を払う。そんな価値のある家・・・一般庶民のワタクシには想像ができません。


e0123596_11232383.jpg最初に向かったのは「The Elms」Mr. and Mrs. Edward ご夫妻がお立てになった夏の別荘。邸宅内は撮影禁止になっているのでお見せできないのがなんとも残念。ですが、フレンチで飾られた内装は、そりゃ~あ優雅。こちらの豪邸拝見にて、シロクマ氏の感想。「こんなところ住んでみたい。」・・・まだそんな夢を見れるあなたは幸せもんです。私の感想。「そりゃ素敵よ。でも、広すぎ。部屋と部屋を移動するだけで疲れそぉ。こんなところに住んだら居心地悪くて良く寝れなさそう。」・・・はい。ワタクシ、庶民の代表でございます。

そんなワタクシですが、ガーデンにて、冷たい飲み物を飲みつつ、少し優雅なひと時を過ごしました。・・・ま。飲んでいたのは缶入りのレモネードだったんですけど。(苦笑)


e0123596_3484791.jpgThe Elmsにて、お金持ちってすごいなぁ。って感動したのもつかの間。「Newport Mansions」の大御所。鉄道王Vanderbilt 一族が建てた「The Breakers」は、圧巻。・・・しかも、これ別荘。「Joe dropping」ってこういうときに使うExpressionですね。ツアーバスも多く到着する、こちらの豪邸。入るまでに30分まち。その後は、20名ほどのグループに分かれてガイドさんについて邸宅内を見て回ります。e0123596_11234173.jpgが。・・・これが、この豪邸のすごさをつまらないものにしております。「Sir」や「Madam」付けではあるものの、まるで「私たちは訓練中の軍人ですか?」っていうようなガイドさんの物言い。一部屋を2~3分で見て回り、あれよあれよ。と進んでいきます。少しでも遅れようものなら。ガイドさんの「ゲキ」が飛ぶ。子供も容赦いたしません。退散させられます。(幸い、英美里さんは今回はなかったんですけどぉ・・・ぎりぎりセーフってところかな。爆)お子さんずれ。だけにとどまらず、ツアーにてきぱきと付いていける自信のない方にはお奨めいたしかねるこちらのツアー。・・・それさえ、なければ、圧巻。豪華絢爛・・・一見の価値ありありのThe Breakersでした。

まだまだ、見所はありそうだったんですけど、この辺で時間切れ。う~ん。残念。・・・もっと、面白いものありそうなNewportの町へのお出かけでした。
[PR]
by sumie-s | 2007-07-16 03:48 | Newport

Newport in Rhode Island 「Newport Harbor」

e0123596_11254023.jpgボストン生活残されたところ、約半月。残り少ない週末、あちらもいきたい~。こちらも行きたいぃ~。と、気持ちばかりはあるものの、泊まりで行くにはあまりにも予定を立てずに週末を迎えてしまいました。色々悩んだ挙句、手頃にボストンから約1時間半のドライブでいける、
e0123596_1126629.jpgRhode Island州Newportへ出かけてきました。その昔、お金持ちが競うようにサマーハウスを建てたというNewportのハーバー。ハイソな雰囲気漂ってとてもおしゃれ。町並みも、風景も美しくて歩いているだけ気分が良くなるような・・・そんな場所でした。

e0123596_118337.jpge0123596_1185729.jpgおしゃれな外観のレストランやショップが並ぶその隙間・・・忘れてならないここは港。ロブスターを中心に魚の水揚げ工場がありました。どうやら、小売もしているみたいなので、興味津々なかを覗いてみると・・・水槽の中にたくさんのロブスターと新鮮な魚たちがたくさん泳いでいて、ついつい買って帰りたくなる・・・けど、捌けないのが玉に瑕でございます。・・・こんなとき魚をさっさと捌けたらどんなに素敵かしら。

e0123596_1192157.jpge0123596_1195941.jpg外国暮らしには魚もおろせないと駄目か・・・と思いつつ、出来ないものは仕方がないので、見てるだけぇ。にして、自分で料理しなくても新鮮な魚介類を食べれるであろう、ランチに期待。美味しそうな魚を前に指をくわえつつ退散。

e0123596_11102089.jpg散歩をしておなかを空かし、待望のシーフードランチに備えて向かった先は、ハーバーのど真ん中にあるその名も、「The Black Pearl」11時半だというのに、レストラン開店と同時にお客さんが押し寄せるのか・・・あっという間に席は埋まっている人気ぶり・・・しまった。出遅れてしまったシロクマファミリー。20分待ちでございました。注文したのは・・・こちらの「ロブスターサンド」ブリブリのロブスターの身がびっしり詰まっていて、美味でございました。その他、クラムチャウダーもハーブが利いていておされ~な味で満足。クラムが新鮮なのが食べていて良くわかりましたよ。「お勧め」マークつけさせていただきます。ポン。

e0123596_11251771.jpg歩いて楽しい、食べて美味しいNewport。英美里さんもご満悦。
さてさて。おなかがいっぱいになったら・・・重たいおなかを引きずりつつ。お次もまたまたお散歩。・・・ちょっと現実逃避。

豪華絢爛「The Mansions - Newport Mansions」に参ります。
[PR]
by sumie-s | 2007-07-14 22:00 | Newport