カテゴリ:旅 日本里帰り2007( 8 )

里帰り2007 まとめ。

美しい秋晴れの日々のダラスですぅ。
e0123596_12595876.jpg
って、のんびりしていたら、もう12月です。今週末はクリスマスツリーを飾って、クリスマスカードをこつこつと作り始めました。・・・でも、どうも調子が狂うぅ。・・・だって、外はまだ半袖で歩けるくらい暖かいんですものぉ。・・・というより今日は暑いほどなのですものぉ。「12月にクーラー入れてるってどうよ?」ってシロクマ氏と笑いが止まらなかった午後でした。


e0123596_125644.jpg
2007年秋里帰りまとめ。家族3人揃っての里帰りで、英美里も私もシロクマ氏不在を寂しぃなぁ。と思うこともなく、あちらこちらにいって忙しかったけど、充実していて日本の秋を満喫できました。シロクマ氏が帰った後は、これまた友達との再会に忙しく、あっと言う間に1ヶ月の滞在は終わってしまいやり残してきたことも沢山。・・・
両親のためにもっと時間を割いてあげればよかったなぁ。と後悔しきり。ダラスの自宅について実家に電話をすると、若いときは子供の前で涙など見せたことなどなかった気丈な母に「英美里ぃ。帰っておいでぇ。」と電話口で泣かれたときには今すぐにでも帰ってあげたい気分になりました。帰るたびに老いていく両親。そばにいてあげられないことほんとう「ごめんね。」って思います。今度里帰りしたときはもっとのんびり「両親との時間も大切に。」が課題です。
e0123596_12563677.jpg
英美里は・・・というと、子供の成長って瞬く間。とよく思うけれど、1ヶ月でまたずいぶんと手ごわく賢くなりました。アメリカ生活とは言葉も環境もまったく違う「日本」での生活。そして、親戚、家族とのふれあいが彼女の成長にとてもよい刺激になったのだろうとおもいます。人と出会って触れ合って、その分だけ脳みそのしわも増えていくわけですね。・・・町では気が付くとこんな風に、若い子に囲まれている彼女なのであります。みんなのピースサインに「英美里、3歳。」で3本指で答える彼女。日本では修学旅行生にも観光中の外国人にも大人気の英美里嬢でございました。
e0123596_1257340.jpg
おしまいは・・・英美里の成田空港にて「ざるそばを平らげる。」の図にて2007年の里帰りの幕を下ろしました。

あ~にっぽん。今度はいつ帰れるかなぁ~。
[PR]
by sumie-s | 2007-12-02 22:30 | 旅 日本里帰り2007

そうだ。京都へ行こう。

e0123596_1324970.jpg秋晴れの美しい日が続いているダラスです。スクールが終わったあと、ライブラリー近くの川(正確には運河だけど。)に、アヒルやカモさんたちに餌をやりに行きました。まだ秋の気配にクリスマスもまだまだか・・・と思っていたら気が付けば11月も、残すところ1日!街にキラキラ光るクリスマスライトを眺めつつ、クリスマスカードはまだまだ手もつけてないし。クリスマスプレゼントもぜんぜん考えてない。・・・12月の予定は次から次にカレンダーに埋まっていき。・・・とぼさぼさしてる場合ではなさそう。

はて。困った。ねじを巻かねば!!


一足早く帰るシロクマ氏をダラスに追い返し見送りここからは英美里と二人旅です。ボストンで涙涙、号泣のお別れをしたある家族に会いに新幹線に乗って京都へ行きました。
彼女たちが去った後、私たち家族もボストンを去り、生活環境が変ったせいもあって、ボストンでさようならしたときからもうずいぶんと月日が経っていたように思えたけれど、思い返してみればあればたった9ヶ月前のこと。永遠かのように思えた別れも再会のときは意外と早くやってきました。やっぱり彼女たちとは何か縁があるのだなぁ。と思わずにいられない今回の旅でした。
e0123596_1249241.jpg
彼女たちとは、イギリスからボストンへ越してきて、右も左もわからないときに道で声をかけたのが出会いでした。英美里が1歳と少し、こなちゃんが4歳のときでした。それ以降、出張が多い我が家と母子家庭の彼ら、家が近かったこともあって、お互いの家を行ったりきたり。女5人集まってはワイワイと一緒にご飯食べて、子どもたちは一緒にお風呂に入り。家族ぐるみで忘れられない思い出が沢山。どれほどこの家族には助けられたかな。

英美里も姉のように慕っていた、こなちゃんに再会できてほんと~にうれしそうで、テンション上がりまくりでした。最初は再会に喜んでいたこなちゃんも、中盤からは妹分にはほとほと手を焼いていました。上の写真の二人の表情がその関係を物語っていますよね。
e0123596_12495764.jpg
京都再会、思い出の写真です。(写真が小さいのは・・・私が写っているからです。笑)
e0123596_12503066.jpg
ボストンに遊びにきてはおふくろの味をいつもご馳走してくれたお母さんは相変わらずお元気で、今回もおいしいぃ。「お袋の味」沢山ごちそうになりました。そして、月に一度、こなちゃんの通っている小学校で「読み聞かせ」をされていました。心温まるお話。子供たちのみならず、私も大切なことを学ぶことができるお話でした。・・・このお母さんみたいに私もいつまでも元気でがんばらねば。
e0123596_1251816.jpg
今回の里帰りはなにかと忙しかったので、今回の京都訪問は見送りか・・・。と思っていたんですが、(なんせものぐさなモノですから。)・・・重たい腰をどっこらっしょ。とあげて、ぴゅーん。と新幹線で2時間ひとっとび。思い切って行ってよかったなぁ~。京都の町も素敵で、まだまだ見たりないくらい興味深かったし。・・・食べ物は・・・おいしぃし。(って、行き着くところはすべてそこですよ!!)
e0123596_12513220.jpg
何より今回行ってよかったなぁ。って思ったのは、この二人が遥か遠く海を飛び越えて再会し、こうして、箸を使いこなし、ざるそばをずず~~~っとすすり一枚ぺロッと食べ終えて、しまいには蕎麦湯までずず~~~~っと飲み干すところを見れたこと。(爆)

出会った時は幼かったのに、あれから数年たってずいぶんと成長した二人が今もこうして「こなちゃん。」「英美里。」とまるで姉妹のように仲良く友達でいられること。そのことがとってもうれしかったです。・・・

英美里は今はいろんなことを理解できるようになったので、「こなちゃん」は遠く日本にいて、会えないことを知っています。そして、「またこなちゃんに会いに行きたいなぁ。」というほどまでになりました。

そんな娘のためにもまた会いに行かないとな。って思います。
[PR]
by sumie-s | 2007-11-29 23:00 | 旅 日本里帰り2007

表参道ぶらり。

今日は快晴のダラスです。英美里は長い長い秋休みが終わって(ようやく)スクールへ戻りました。大好きな学校。朝から大はしゃぎで、小走りしながら行きました。先生、お友達もみんなと会えてとってもうれしそうでした。帰りにはクラスメイトの子からお誕生日会の招待状をもらいました。こちらに越してきて初めてお誕生日会に呼ばれました。招待状をとってもうれしそうにして見ていた英美里。明日はプレゼントを一緒に探しに行こうと思います。



幼馴染と東京散策。・・・都心在住のCと横浜在住のKが、子ずれの私のためにセッティングしてくれた場所は表参道。渋谷で待ち合わせて渋谷の人ごみを避けて青山方面へ。このコースなら子連れでもOK。歩道が広くてのんびりした表参道にはストローラーを押したお母さんたちの姿を結構見かけました。

e0123596_1424317.jpg今回とってもうれしかったのは、幼馴染が用意してくれていたお土産。私はお土産に弱い。特にこ~いうおいしいものを渡されると特に弱い。「東京ばな奈。」有名だったけど、一度も口にしたことはなく・・・今回初めて食べました。長生きはしてみるもんだねぇ。そして、その奥にあるのは「堂島ロール」、友達曰く、行列が出来て売り切れで買えない人も出るほどの代物なのだとか。そんな貴重なものをわざわざ私のために並んでまで買ってきてくれた。この気持ちに私は感動さえ覚えてしまいました。・・・そして、食べてみて二度感動。こんな柔らかいスポンジのロールケーキは初めてですぅ。私もこんな素敵なロールケーキが作れたら・・・どんな外国に住んでも生きていけるのに。・・・(うそ。)でも、ほんとうにおいしかった。もう、「ニッポン万歳。」ってな味でした。


e0123596_14224710.jpg幼馴染のお二人。・・・なんかお肌などなどよく手入れが行き届いていて、きれいにしてました。(お土産もらったからって、リップサービスではなくて)・・・私は帰国前にダイエットもせず、「どでぇ。」とした感じで・・・これじゃいかんな。と思いました。今度の里帰りまでにはすっきりしてこよう。・・・無理かな。いやでも・・・希望は捨てずにおこう。おばさん街道まっしぐらだけは避けたいなぁ。と思いつつ行動が伴ってない私ですぅ。

そんな友達が連れて行ってくれたおされなレストランでランチの後は表参道ぶらり。ぼろ古いアパートは取り壊されていて、表参道ヒルズ。とかいうモダンな建物に変わっていてびっくり。あのアパートに住んでいた人たちはいったいどうしたのかしらぁ。
e0123596_14232744.jpg

ANNIVERSAIRE CAFEにて。英美里もこうやって見ると・・・すっかりCafeが似合うお嬢さんになりつつあるのかな。ま。でも、Cafeが似合う「ふるまい」が出来るようになるまでにはもう少し時間がかかりそうです。(苦笑)英美里もお土産をもらってうれしそうでしょ。お土産は全部食べてしまって家に帰るときにはスノーマンの入れ物だけが残りました。どれだけチョコレートを食べたんでしょう。マミーさんがお友達に会うときはおいしいものが沢山食べれるんだよねぇ。

e0123596_14222154.jpg
友達のお目当て、Openしたばかりという「GYRE」と言うビルへ。中にはNYの「MoMA Design Store」が入っていました。やっぱり東京にはなんでもあるね。英美里はKIDsのコーナーで秋の表参道を見下ろしながら、しばしの読書タイム。・・・なんだかこの「絵」だけ見てるだけだと、とってもおりこうさんなお嬢様に見えます。でも、やっぱり、スネの傷が彼女のおてんばを隠し切れてませんねぇ。(もちろん、この後は走り回ってましたよ。)他にはCHANELやBVLGARIなんて私とは縁のないお店が連なり、BVGARIのCafe、チョコレートショップなんていうのもあって、Cafeにいたっては業界人がうよ~っていそうなそんなところですぅ。私はチョコレートショップで物色中の友達を待っている間、英美里が粗相をしないように抱えているので必死でございました。(笑)でも、このビルの中には選りすぐりのグロッサリーショップがあったり、ベーカリーがあったり。・・・今度里帰りしたときには「絶対ここでお茶しばきたい。」って思う素敵なお店も数店。・・・すぐにこれる友達がとってもねたましかったうらやましかった私なのでありました。

次回の里帰りはここで「おちゃ。」「ランチ。」ということを心に堅く決めました。そして、そのときは英美里さんは・・・お留守番。・・・かなぁ。
[PR]
by sumie-s | 2007-11-25 14:24 | 旅 日本里帰り2007

三鷹 ジブリ美術館。

今日も冷たい雨の降るダラスです。「お買い物すること」が目的の半分。そして、雨続きで少し退屈気味の「英美里を遊ばせること」が目的のもう半分で、今日はIKEAに行きました。お買い物をしている間、プレイスペースで子供を預かってくれるのは1時間ほど。毎度のことですが・・・英美里はこの1時間ほどの間にお友達を作ったみたいです。お迎えに行くとちょっと年上の男の子が「Emily! Bye Bye!!」といって手を振ってくれました。本当に子供って打ち解けるのが早い。彼女もIKEA、マミーさんとは違う意味で楽しんできたみたいです。今日のIKEA行きの目的は充分果たせて満足でした。


小雨の振る中、東京三鷹にある、ジブリ美術館に行きました。
ジブリムービーが好きなシロクマ家。以前から行きたいなぁ。と思っていた場所です。
ジブリ美術館のチケットはすべて前売りで、ローソンでチケットを買います。オープンしてからもうしばらく経つと思うのだけれども、なかなかの人気で、平日でも早い時間の入場券は数日前には売り切れていたりして。・・・あなどれません。
e0123596_13564989.jpg
私たちは平日12時から入場できるチケットで入ったのだけれど、入ってみたら結構な人、人、人。・・・お昼ごはんも済ませてなかったので、中にある、Cafeで食事をとりました・・・けど、やっぱり、長い行列で、席を確保するのも競争で・・・せわしなくお昼。
美術館の中は、ジブリの世界が広がっていて、15分程度の短いムービーが見れたり、作品が出来上がるまでの行程が見れたりして、興味深くて良かったのだけれど、時間差で入場が出来るようになっている割には入れ替え制ではないから、朝一番にでも入らない限りは結構な人でにぎわっていて・・・公式ホームページに「迷子になろうよ、一緒に。」って、トトロのめいちゃんが言っている絵があるんですけど・・・テッポウ玉「英美里」はもちろんのこと、「シロクマ氏」「甥っ子」「姉」・・・と、迷子続出で腹がたちました。困りました。

細かく展示物や仕掛けも良くしてあって、興味深い美術館でした。
願わくば、もう少し余裕のある形で見たかったなぁ。人気のジブリだけにそれは難しいのかも。
私たちが行ったときは人が多すぎました。・・・
あと、「写真を撮るよりもその時を楽しんでください。」という基本方針のもとに、「写真撮影はご遠慮ください。」ということですぅ。・・・「写真撮りまくり隊」のマミーさんとしてはかな~り凹みました。英美里にちょっとかわいらしいワンピースも着せてまで望んだのに。(馬鹿です。苦笑)
シロクマ氏も念願の「ジジ」のぬいぐるみゲットならず。・・・シロクマ家。なんとな~く、疲れたわりに不完全燃焼で終わったジブリ美術館でした。

次回は開館時間に入場で挑みたいと思います。・・・次回があるとすれば・・・の話ですが。
[PR]
by sumie-s | 2007-11-24 23:00 | 旅 日本里帰り2007

日光 紅葉狩り。

今日はサンクスギビングでした。天気予報では「Cold Turkey」と見出しが付くほど寒い一日。お店も開いてないし、外は寒い。・・・家族3人家の中で静かに過ごしました。そして、ターキーは3人家族では大きすぎるので小さなチキンをシロクマ氏が焼きました。寒いときのオーブン料理は家の中が温かくなってよいですね。「与えられることに感謝していただく食事」とてもおいしかったです。


「日本に帰ったらやりたいことリスト」で、ゲームオタク 兼 カメラオタクでもあるシロクマ氏が書いたのは、「①紅葉狩り。」写真撮りたいのね。紅葉を。
(ちなみに他のリストは。「②秋葉一人散策。」そして、「③ジブリミュージアムに行って、お土産に魔女の宅急便にでてくる、クロネコ「ジジ」のぬいぐるみを英美里に買うこと。(ほんとうは自分が欲しい。)」でした。かなり、オタ臭が漂ってます?・・・私もそう思います。秋葉系外国人なんです。笑)
e0123596_13272514.jpg
家族3人で日光へ紅葉狩りへ行きました。晴れたり曇ったりのあいにくの天気だったけれども、紅葉には間に合いました。紅葉が美しかった「霧降の滝」。
「美しい景色を見ながら食べるコンビニ弁当おいしい~。さいこ~。やっぱり、日本って何食べてもおいし~わぁ。」って、私は美しい景色より食べることに集中してました~。

e0123596_13275619.jpg
日光はシロクマ氏と私には思い出の場所なのです。二人でハイキングに訪れて以来、今回、2度目の日光。二人で酔っ払った居酒屋、二日酔いで歩いたハイキングコースなどなど、今回は思い出巡りの旅でもありました。あれから数年。子供ができて、しかも子が歩いていて、話してる。いっぱしの人間になりつつあるような子供を連れてまた訪れることになるだろうなんて・・・あのころはと~てい想像しなかった。

そういえば、あの時買った、「夫婦円満」(夫婦じゃなかったけど。)のお守りは・・・どこへ消えたんだ。う~ん。あの時は大切にしていたお守りも今じゃどこへ行ったのか消息不明。二人の気持ちもそんな風にあせていってしまうものなのかしらぁ。
e0123596_13283427.jpg
ま。そんなことはこれっぽっちも思わず、思い出の居酒屋にてメニューとにらめっこしてました。「しめさばがおいしかったのよぉ。」って・・・大切な思い出のお守りの存在は忘れても、「しめさば」の味は忘れない。それが私でございます。
e0123596_13291378.jpg
英美里は、東照宮にあるいろんな動物のモチーフの装飾をみつけては、それを楽しんみたり・・・「もみじ」を集めたりして、お土産に持って帰りました。
e0123596_13293775.jpg
七五三のときに初体験した「おみくじ」。東照宮でも引きたがったので、「おさるさん」の絵の付いた子供向けのを引いてみました。「中吉」でした。(七五三のときは「末吉」だったかな?)可もなく不可もなくです。・・・当の本人はおみくじの本当の意味など知るわけもなく・・・「おみくじ」を引きたかったのは、引き終わった後にこうやって、結びたかったから。・・・他の人が結んだおみくじをほどこうとして、知らないお兄さんに「ほどいちゃだめなんだぞぉ。」といわれて飛び上がって驚いちゃったりして、小心者な面もある彼女。「大吉」はいつでるかな。
e0123596_13295881.jpg
念願だった「日光の紅葉」を撮り続けたシロクマ氏。お気に入りの写真はとれたのかな。・・・見る限り、カメラの腕はまだまだみたいだけど・・・英美里の写真また沢山とれたし、(英美里が生まれてからはマミーさんの写真を撮ってくれる機会がめっきり減っていたんですけど)今回は私の写真も結構撮ってくれたし。(笑)

家族揃っての里帰りの良い思いでは残せたのは確かなので、それでよしとしませう。
[PR]
by sumie-s | 2007-11-22 23:00 | 旅 日本里帰り2007

アンパンマン ミュージアム。

半袖で生きていけまっせ。・・・なんてほざいていたら。今日は強風吹き荒れてえらくさむぅこざいました。只今午後11時、外の気温3度。風が強いので体感温度は1度だとか。
一気に冬突入かな。

日本で仕入れてきた秋物の洋服がようやく着れるぅ。・・・
夏物がようやくしまえるぅ。・・・

うれしいような。半袖生活が名残惜しいような・・・複雑な心境でございます。
こちらアメリカ明日は「サンクスギビング」でみなさんターキーなど焼いてお祝いなさる日です。でも、そんなことはぜんぜん気にしていなかった我が家。明日スーパーみんなお休みですよ。というので、あわてて買出しに出かけました。
せっかくの4連休。ダラス周辺は天気はあまりよろしくないようです・・・なにしてすごそうかな。



子供が生まれるまでは、子供が生まれてからもしばらくは・・・「いくら子供ができたって、絶対アンパンマンにお世話になることなんてないぞ。」なんて、「赤ちゃん本舗」前にて催されていた「アンパンマンショー」をうらめしそうに横切っていた私でした。

あれから数年がたち・・・今では「アンパンマンさまさま」の生活させてもらってます。
やっぱり我が家のゴッドねーちゃんもあの、ま~るいお顔の「アンパンマン」が大好きなのです。
横浜みなとみらいに「アンパンマンミュージアム」が出来ていたので出かけてきました。
e0123596_0492326.jpg
駅につくと早速「アンパンマン」が道案内に立ってました。自分より大きなアンパンマンとのご対面に英美里すでに興奮気味。


e0123596_0495393.jpg
ミュージアムについたら・・・もっとでっかいのが。アンパンマン好きにはたまりません。
あまりの大きさに英美里しばし、ぼ~ぜん。なんていうヒトコマも。中には子供が遊べるスペースやジオラマなどなどミュージアムの外にはアンパンマン関連のお店が並んでいて、お店をみて回るだけでも、結構楽しい。

e0123596_050237.jpg
おしまいにはアンパンマンも出てきて・・・握手会など。このときの英美里のまなざしといったら・・・。恋してますね。完璧に・・・アンパンマンに。握手してもらった手を大事そうに抱えて歩いている姿はいじらしくて、子供のこういう姿ってとってもほほえましい。


e0123596_0504778.jpgマミーさんがとっても気に入ったのは「ジャムおじさんのパン工場」で焼かれているこちらのかわいらしい。とっても夢のあるパンたち。買うときにどれにしよ~かなぁ。って相当悩んでしまうんですけど、どれもとってもよく出来ていて、おいしかったですよぉ。

e0123596_051511.jpg

ダディさんは娘のお土産選びのお手伝い。あんぱんまんのぬりえにスタンプに・・・それからそれから。・・・英美里が・・・というより、シロクマ氏がお土産買いに走ってしまいました。こういう父親をもつと子供は・・・いいよなぁ。(苦笑)

e0123596_0512829.jpg
数年前には想像できなかったけど・・・今では家族揃ってアンパンマンが大好きです。ま。親としては大好きというよりは・・・「娘がいつもお世話になってますぅ。」といった感じです。(笑)
[PR]
by sumie-s | 2007-11-21 23:00 | 旅 日本里帰り2007

七五三。

ボストンはこの季節はもう寒かったけど、ダラスはまだまだ半袖で生きていけまっせ。・・・という気候です。サンクスギビングのため今週は1週間スクール関係はお休みなので、久しぶりに英美里を連れて近所のリクリエーションセンターのプレイグランドまで行きました。夏の間は閑古鳥が鳴いていた公園も、今日はスクールホリデー中ということもあって、子供たちで鈴なりの公園でした。

やっぱり、公園はこうでなくちゃ。
他の子供たちと楽しそうに遊ぶ英美里の姿をみて私もうれしくなった一日でした。

e0123596_0534068.jpg
今回の里帰りのメインイベントは・・・なんといっても、この人の「七五三」3歳のお祝いです。
e0123596_12143536.jpg
「すべてが滞りなくおわりますよ~に。」とお祈りしつつ、ダラスを発ち、本番の3日前に着物の合わせに美容院へいきました。ところが、ところが、英美里の「そうは問屋が卸さない。」という自体発生したのです。英美里が「てこ」でも晴れ着に手を通そうとしないんですぅ。号泣ですしぃ。暴れまくりですしぃ。・・・これにはほとほと困り果て。着付けの人も「仕方ないわね。・・・ふぅ。」と匙を投げられたようなお言葉です。

「このために帰ってきたのに。・・・」「晴れ着だって新調したのに。・・・」「写真館だって予約したのよ・・・」「この日をひっじょ~に楽しみにしてきたのに。・・・」

なのに、なのに・・・「すべてパーですか!?」
e0123596_054848.jpg
大げさですが、マミーさんは不幸のどん底へ突き落とされたような気分でした。それからというもの、寝てもさめても「英美里、着物きよ~よ。・・・云々。」と念仏のように言い続け、ダディさんはもちろん、従兄弟も、おばもおじも、おじーも、おばーも・・・親戚中ひっくるめての説得が続いて、アメちゃん作戦、プレゼント作戦などなどありとあらゆる手段を使って彼女を説得したのであります。・・・

一番効をなしたのはいじらしかったのは・・・姉と甥っ子が面倒を見ててくれると言うので、シロクマ氏と久々の横浜デートに出かけたときのこと、英美里はきっと、自分が着物を着るといわないから、ダディとマミーに置いてきぼりにされたんだぁ。」ってちょっと悲しくなったのでしょうか?反省したのでしょうか?出先から電話をすると電話先まででてきた英美里さん、泣きそうな声で「マミー、英美里、着物着るからねぇ。・・・」って。これには私も涙したんです。

が・・・そんなに甘くなかったぁ。あくる日は「英美里、着物きら~~い!」・・・これです。マミーさんは血圧があがったりさがったり・・・忙しかったですよ。

それでも、なんとか、大好きな従兄弟のお兄ちゃんにもさんざん説得され、(親じゃないところがにくい。)毎日10分ずつの予行練習が効をなして、当日は、蝶よ花よとおだてられ、泣きそうになると・・・やれアメだ~、チョコレートだぁ。・・・とプレゼント攻撃でようやく晴れ着を着てくれた手ごわい英美里さん。

髪を結うときはずっと黙っておとなしくしていたのに。・・・着物を着るときだけはやっぱり「着たくないぃ~。」って泣いてお化粧が台無しになっていました。なんで、あんなに着物が嫌いかしら。・・・

e0123596_121591.jpg不幸のどん底に突き落とされたとんでもない英美里の「七五三」、当日記念写真まで行き着いたときはマミーさんは最近まれにない「達成感」に襲われました。(涙)
と・・・ここで、めでたく、念願の七五三家族写真できあがり。(マミーさん、ダラスの日差しにさらされてただでさえ日焼け顔。おまけにシロクマ氏と英美里の間に挟まって、「浅黒さ」一層引き立っているのが気に入らない以外)最高の一枚ですぅ。(写真屋さんにビシッと「修正しておいてね!」って言っておけばよかった。・・・沈。)

e0123596_0543545.jpg
シロクマ氏、慣れない日本での右ハンドルのストレスフルなドライブに加えて、「ガイジン」ですから、神社で祈祷してもらうときに「君がちゃんと教えてくれなかったから、お祈りの仕方がわからない!!!」(そんなん、日本人の私でもよ~しりませんわぁ。)と、「シロクマ氏、プチ切れ」もあったり・・・「マミーさん、久々の着物に絞め殺されそぉ~・・・」なんてこともあったり。・・・ギリギリな一日でしたけど、今となっては楽しい思い出の英美里の三歳の七五三お祝いでした。

儀式に気をとらわれて忘れてしまいがちですが。・・・
肝心なのは・・・「これからも健康で健やかに育ちますように。」と願う気持ちですね。
これからも、その鼻息荒く、健やかに明るくまっすぐに育っていってねぇ。・・・でも、願わくば・・・もう少しお手やわらかにぃ。
e0123596_0545673.jpg

「最高の笑顔」を見せてくれたのは・・・すべて終わってやっとたどり着いた「KFC」にて、ポテトを食べたとき。・・・ゴッドねーちゃん健在です。

マミーさん。これに懲りずに「7歳」もやりたいな。7歳はもっとかわいいですものね。
きものが。(笑)
[PR]
by sumie-s | 2007-11-18 22:00 | 旅 日本里帰り2007

ただいまです。

e0123596_14322459.jpg
「いってきま~す。」・・・のあの日から早くも一ヶ月がたちました。

e0123596_143239.jpg
「ただいま~!!」と元気よく、この人もまたいろんなことを経験して、ひと回りもふた回りも大きく成長してダラスへ無事に帰ってきました。久々のダラスは・・・涼しいですぅ。
e0123596_14324470.jpg
久々の日本の景色は・・・こんな色してました。食べ物も一段とおいしくて・・・秋の里帰りもいいですねぇ。

またまた肥えてしまいました。
しばらくはブログにダイエット・・・同時進行でがんばります。

[PR]
by sumie-s | 2007-11-15 22:00 | 旅 日本里帰り2007