「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Pregnancy( 8 )

The 出産 in Sydney.

いまさらながら出産のお話。


二度目の出産ながら人生初15時間の陣痛を体験いたしました。

「自然分娩でいけるか!」とおもいきや!
結局「帝王切開」で終了。


星豪も英美里とおんなじで「ぽ~ん。」と苦労知らずでこの世にでてきました。
でも・・・
15時間お腹の中で出てこようと踏ん張っていただけ英美里よりすでに人生ひと苦労してきたのかもしれません。

私的には
「な~んだ。陣痛我慢しただけ損ちゃったなぁ~。」


ってな、感じなんです。
が。
総合的に感想をいわせていただきますと「満足」「納得」したお産だったので、最終的結果、オーライでございます。

英美里のときは、部分低地胎盤だったため、赤ん坊が産まれる準備ができたらすぐの37週目1日で「予定帝王切開」での出産でした。なので、母も陣痛の痛みも苦しみもなにも経験しませんでした。でも、お産のあとに少々痛い辛い思いをしたので、それがトラウマとなって、今回は英美里もいるしぃ、海外での出産でシロクマ氏以外のヘルパーもなし、しかも引越しでバタバタしてるしぃ。・・・といろいろ考えて「自然分娩の方が回復が早いにちがいない!」と勝手に思い込み、自然分娩(正確には無痛分娩ですね。)にこだわっていたわけです。


日本では一人目が帝王切開ならば、後は必ずと言ってよいほど帝王切開になるようですが、アメリカ、オーストラリアは前回の切開した状況や、今回の妊娠のコンディションによっては自然分娩のチャンスが得られます。

今回、妊娠早期に出産する病院の確保が必要と言われているシドニーに妊娠36週目という遅い時期に移動してきて、「産み落とす医者と病院の確保ができないかもぉ~・・・そうなったらど~するぅ。日本にかえってお産してくる?」なんてシロクマ氏に脅かされ「先進国にいて、保険もあるのに、そんな馬鹿なことがあるかっ!!!」と泣きながら吠えたこともありました(笑)が、そんなことにぶち当たることもなく、(あたりまえだろ~。と思いますが。)幸運にも信頼できるドクターに診てもらうことができ、陣痛促進剤はリスクがあるので使えないけれど、順調だし、自然分娩でいける可能性はある。といってもらえ、「よかったぁ。」と一安心して、今回は陣痛がくるのを待って出産を迎えました!

でも・・・あれですね。
陣痛で体が準備はじめてからの出産のあとは、予定帝王切開より体力の回復がおそいような気がするのは気のせいですかっ?!
股関節がかっくんかっくん。言うような感じがしたんですけど・・・これって普通ですか?!
(もう直りましたので、ご心配なく。)

ま。・・・英美里産んだ時より確実に4年半分はしっかりと年をとっているわけですし、体が「老化」しているから。・・・ってことも原因のひとつであることはまちがいないとおもいます。


自然分娩で~(正確には無痛分娩!痛みによわいので。)なんてよくばったばっかりに耐えなくても良かった15時間の陣痛に耐えたのは正直無駄でしたぁ。
それにしても、痛みに弱いとか言っている割に・・・よく15時間も陣痛絶えてたなぁ。って不思議に思うんですが、どんなもんなのか、体験できたのはよかったかな。(無理やり。笑)

e0123596_2492165.jpg
英美里を出産した日本の施設は、NICUがある大きな病院でした。

術後1日半ほどでベッドから離れられるようになるんですが、授乳室があるところまで歩いていかないと授乳もさせてもらえず、「授乳したかったらわが子に会いたかったら這ってでも来い。」「体力を回復させるには動かないと。」的な考えの元、シドニーで処方してもらった痛み止めに比べると大して効き目のない痛み止めで、えらい痛い思いをしながら我が子あいたさに授乳室まで手すりにつかまりながら歩いていった記憶がしらずしらずにトラウマになってました。

なので、「またかぁ。」って思っていたんです。
でもね、今回のシドニーの病院では至れり尽くせり。

食事だって、日本だったら4日間はおかゆです。(初日なんてなにも食べさせてもらえないんです。水ですら・・・)
でも、こちらでは、術後すぐにお水を飲ませてもらえたし、夜にはスープとかゼリーを食べました。次の日には普通に食事させてもらってました。
シャワーだって、日本は4日間入れなかったのがこちらは翌々日には看護婦さんの付き添いの元浴びさせてもらえました。

個室のバストイレつき。
痛さに耐えながら歩かされる。・・・なんて、ミゼラブルな思いはしなくてすみ。

そして、痛みに異様~~に弱い私。肝心な「痛み止め」は痛みがないようにしっかり効くものが処方されていたのはポイント大。(笑)食事は上げ膳据え膳。モーニングティーにアフタヌーンティ。・・・毎日の楽しみでした。
そして、施設、医者、看護の質、どれをとっても満足できるものでした。

ま。担当の執刀医が「は~い!ぼくがね~君の執刀医だよぉ。よろしくね~。痛いことはなにもしないよぉ~。痛いことがあったらね、それは、僕じゃなくてMr.Smithのせいだから。」って、まるで町のカフェに居たところを急遽バイクで駆けつけました。ってなラフな装いのチェックのボタンダウンにジーンズ姿で現れ、冗談かましてくれたのには、度肝を抜かれましたが。・・・(爆)
何事もなく無事に手術は終了いたしました。


シドニーに越してきたばかりで知り合いも親戚もない私を気遣ってくれて、アフターケアや日本人のヤングベイビーのママさんの集まりを紹介してくれた看護婦さんのこころづかい正直、びっくり・・・ナースコールを押すたびに「What can I do for you?」とやさしい笑顔で現れ、「なんでもおっしゃってくださいませ。女王さま~。」的な対応。・・・数年の外国暮らしでキメの細かいサービスなんて期待することすら、とぉの昔に忘れておりましたもので(笑)、かゆいところに手が届く的な看護に感銘にちかいものを感じちゃいました。

お産って大変なもの。というイメージがあって、正直、今回もそれなりに大変ではあったけれども、入院生活ものんびり楽しめたので、こんなんだったらもう一人くらい産みたいかもぉ。と思えたくらい。・・・ま。うちの場合は私の年齢もありますしぃ~、もう満足したので、打ち止めです!!!

e0123596_2495692.jpg
私が知る限り、日本の場合、出産となると「痛みに耐えてなんぼ。」「痛みに耐えることによってわが子への愛情がうんぬん。」的な印象があるんですが、医療が発達している今、精神的に苦痛が少ないというのは母体の体力の回復にも大きく影響があるみたいですし、無痛でお産。ということがもっと主流になって、もっと楽で、楽しいことに思えて、「もうひとりくらい産んでもいいかもぉ。」って思える女性が増えれば・・・少子化問題にも少しプラスに働くこともあるんじゃないかな~。なんて単純に思ってしまいます。

医療知識はまったくないのでただの素人の一意見です。
ので、あしからず。


でも・・・
最後に言わせていただきます。
自然分娩で赤ちゃんを生まれているお母様方・・・すごい!!

すごすぎです。


私なんて陣痛だけでひ~ひ~でした。
「あと、陣痛まっていると5時間はかかるわね、でも、今もうベイビーがHappyな状態じゃないから、帝王切開で・・・」と言われたときには「お願い!そうしてくれ!きってくれ!」って正直、ほ~っとしていたくらいでしたから。・・・

ほんとうのお産って・・・どんなにすごいんだろ~。って
経験できませんでしたが・・・私には無理そ~だな。

ということが判明しました。
[PR]
by sumie-s | 2008-10-26 02:47 | Pregnancy

定期健診@39Weeks.

今日は定期健診でした。@39Weeks(39WeeksのBabyの様子。
シドニーに移って以来初めて、そして最後のウルトラサウンドも受けてきました。こちらの病院にお世話になるようになってから、検診時には簡単にではあるけれどもベイビーちゃんの姿はウルトラサウンドで見せてもらえますが、詳細については専門の施設へ送られるみたいで、今日は、30分ほどかけて内臓、骨、血流、サイズなどなど念入りにチェックのしてもらい、体重は大体3.3キロとのこと。

「こいつに栄養全部とられているなぁ~。」ってひしひしと感じてましたけどやっぱり、でかっ。
でも、異常はなく順調だそうで何よりです。


e0123596_21241993.jpgこちらがエミリオ誕生の場所となる「North Shore Private Hospital」。駅近で便利なんですがどえらい急坂で、いつも気合を入れて上ってます。今日は登ってる間に産気づくかとおもいました。

でもね。
「エミリオよ・・・まだ出てくるのは待ってくれ!!」って事態がここでまた勃発中。

我が家のダラスからの引越し荷物が明後日到着するんです。(爆)
明日はレンタルしている家具を全部引き払ってもらい、家族3人、再びホテルに非難生活。翌日、木曜日にめでたく引越し荷物到着~。という段取り。

も~。まじですか!!!って感じなんです。

が。
こちらだとアメリカと違って普通分娩でも産後4日間は病院にてお世話になれるので、その間に産休中のシロクマ氏にアンパッキングをがんばってもらって、エミリオと二人、すっきりさっぱり片付いて、すべて揃った状態の我が家に笑顔の帰宅。


というシナリオで完璧だな。とほくそ笑んでいる妻です。


が。
そんな上手くは事は運ばないでしょうね~。(泣)どうでもいいから、後二日はお腹の中で踏ん張っててねぇ。ってお腹をさすりながらドキドキ・・・そんな母の気持ちを知ってか知らずか・・・今日はやけにグルグル動き回っている仮名エミリオ。

そんな中、英美里さんは今日から臨時のプレスクールに通い始めました。(嬉)
我が家車がまだ納車されていないので送迎できず・・・近所のママ友に一緒に送って行ってもらったんですが、私が着いていかなくても・・・何事でもなかったように初めての幼稚園で一日を楽しく過ごしてきた様子。


我が家のような落ち着かない家庭にはこういうタフな子供が産まれる・・・ということの象徴でしょうか。
わが子ながら彼女の神経の図太さに脱帽の母であります。
[PR]
by sumie-s | 2008-09-30 22:27 | Pregnancy

アメリカ生活 最初で最後のBabyShower.

日本では赤ちゃんが生まれてから出産祝いを贈るのが一般的ですが、こちらアメリカは産まれる前に「Baby Shower」と呼ばれるパーティーを開いてお祝いするのが一般的で、わたしのように奥様方がお友達の大半を締めるとその頻度も増すはずなのですが・・・
アメリカ生活3年3ヶ月・・・わたくしとしたことが、この経験なくすごしてきていたことに気がついてしまいました!!

が。
ラッキーなことに今回、アメリカ生活終わり寸前・・・初ベイビーシャワー体験させていただきました。
アメリカ生活、初で最後の貴重なベイビーシャワーを自分がお祝いされる側だなんて・・・。
なんてラッキーなんでしょう!
e0123596_21275814.jpg

7月末に出産されるママ友と私の合同で行われたベイビーシャワー。
ピンクとブルーおそろいのダイパーケーキ(オムツで作ったケーキですぅ。)がとってもラブリーでしょ。
そしてそして。
皆さん手作りのおいしいお料理がパーティを豪華に飾り、ケーキまで感動の手作りでした。


楽しいおしゃべりとおいしいお料理。
調味料でにおいをつけて仕込んでおいたダイパーの匂い当てゲームがパーティをよりいっそう盛り上げてくれました。
いくら実物でなくても、それっぽい色や匂いのついたダイパーに躊躇すること一切なく鼻をつけてかぐ姿・・・さすが皆さん現役ママさんたちだわ。
優勝者には商品券が贈られました。10問中9問あたったママ友が二人も。・・・すごいですぅ。
仕込んだ私だって何の匂いかわからなかったのに。(爆)


助産婦をしているママ友さんに即席診察までしていただけて、妊婦には至れりつくせりのベイビーシャワーパーティ。しかも診察料Free・・・おいしすぎです。


ダラスに越してきてたったの1年足らずですが、たったの1年しかすごしていないのがうそのように溶けこんで、私たち親子が平穏に暮らしてこれたのも、こうして、暖かく迎え入れてくれる多くのダラス在住ママさんたちのおかげ。
それに尽きたような気がします。

ベイビーシャワーのお祝いと一緒に送別の品もいただきました。
これが・・・ベイビーシャワーに集まってくださったお友達一人一人が思い出の写真とメッセージを込めてくれたスクラップブック。
ボストンを去るときにも英美里の学校のお友達が作ってくれたものがあるのですが、これで二冊目の大切な大切な思い出のスクラップブック。
皆さん、子育てで忙しい中、時間と労力を使って丁寧に作ってくれたスクラップブックの1ページ1ページは見るだけで、ダラスですごしたお友達との思い出が瞬時によみがえるすばらしい品なのです。
これ以上にありがたい送別の品はあり得ない。
お金では絶対買えない我が家の宝物がもうひとつ増えました。

ベイビーちゃんをお披露目できないのが残念だけれども、皆さんの気持ちに答えて遠く離れたシドニーにて、無事に元気なエミリオをこの世に送り出すことができるように、残りの妊婦生活がんばらねば。・・・
沢山の幸せと勇気をもらえるベイビーシャワー・・・とても素敵な経験させていただいました。

ほんとうにどうもありがとう。
感謝と幸せな気持ちでいっぱいになりました。
[PR]
by sumie-s | 2008-07-11 21:26 | Pregnancy

27Weeks.

ふぅ~。・・・
昨日オーストラリアに向けてのVisaがでました。
で、「Visaがでない~。」なんて文句言っているうちは他人まかせなんでまだ余裕で良いんです。
いざ、「ほら。出たよ。」ってなると引越しまでのスケジュールは意外にタイト。
引越しの日程ターゲットは8月1日。

今朝は早速ムービングセールリスト作り。
残念ながら多くの家電はここアメリカでさようなら。

やっておかないといけないことはさっさと済ませておこう。
やる気が失せる前に。・・・これがなかなか長続きしないんで。
e0123596_340435.gif

月曜日は定期健診でした。@27Weeks(27WeeksのBabyの様子。
e0123596_10235321.jpg

今回も尿検査とお腹の多きさと体重測定。プラス赤ちゃんの心音をチェックするだけの簡単なもの。アメリカでは日本と違って検診ごとに内診やウルトラサウンドはやらないんですよぉ。
ウルトラサウンドは異常がなく、希望もなければ、全部であわせて3回が基本なんです。

27週目にして、お腹の大きさも27センチ。
24週目のときは24センチでした。・・・
いつもマッチしているんだけど、先生はわざとあわせてるのかな。
今回初めて引越しの話をしたら先生少しがっかりしていた様子で申し訳なかったけれど・・・これも仕方ないです。
良い先生だけに申し訳ない。

体重は3キロ増。
3週間で1キロ増えた計算。
この数週間「甘いもの食べたい症」にかかり、「2キロしか増えてないし大丈夫大丈夫ぅ。エミリオが全部吸収してるに違いない。」って、気が大きくなって気を使わず、食べてしまった結果だなぁ。

大きな移動も控えていることなので、ここで少し食い改めたいとおもいます。(反省)

そして、肝心なこと。
エミリオは今日も元気です。
グルングルンしてます。
[PR]
by sumie-s | 2008-07-08 10:21 | Pregnancy

Mini me.

今日は英美里さん。スクールなし。・・・私も早起きしなくて良いのだけれど、6時過ぎにはお目覚め。朝から静かにメールチェックでも。・・・と思っていたのに。

5分後には英美里もおめざめ。(がっくり。)
昨夜もなかなか寝付かなかった彼女。
ようやく10時ちょっと前に寝たなぁ。と思ったのに今朝は早いお目覚めなのね。
もぅ~彼女には夏ばて対策の「にんにく」はなしだな。


昨夜、シロクマ氏、オーストラリアのボスから電話がありました。
「今日からシドニー入りしてるんだよねぇ~~。ウェルカム~。」


あの・・・オタクの人事もろもろの対応がめちゃ遅くってVisaまだ出てないんですよ。
はははぁ~。
って笑ちゃいましょ。笑うしかないですよ。

e0123596_2103028.gif


男の子の洋服は女の子の洋服選びに比べたらそりゃ・・・あんまりだけれども。
それはそれで、また違った楽しみがあるもんです。
シロクマ氏とミニチュアサイズのシロクマ氏がペアルックで並んで歩くの絶対かわいいわよねぇ。

と・・・私。
早速買ってしまったんですぅ。
シロクマ氏のミニチュアサイズなシャツ。
e0123596_109294.jpg

いつの日かおそろいのシャツを来た二人が並んで歩くのを見るのが楽しみですぅ。

そのときは英美里と私もペアでお洋服をそろえて家族でお出かけ。
そんなささやかな夢が膨らみます。

でも・・・まだまだ先の話だなぁ。
[PR]
by sumie-s | 2008-07-03 10:07 | Pregnancy

24weeks.

今日は定期健診でした。@24Weeks(24WeeksのBabyの様子。
早い早い。・・・もう24週目。
二人目ってほんとうにうっかりしているうちにあれよあれよと時が経っていくものですね。

・・・と。
あまり気にせずいられるってことは順調ってことで良いことです。

英美里の時には同じ時期で6キロも増えていた体重は、今回は2キロ弱の増加。
アメリカでの妊婦生活、日本に比べると体重制限もさほどうるさく言われないので、どれほど自分が大きくなってしまうのか・・・と心配していたところもあったんですけど、意外や意外。この分でいったら、理想の8キロ増加くらいでいけるかも。
体重増加が少ない割にはおなかは立派に大きくなっていて、すっかり妊婦さんなんだけれど、体が軽いので、英美里に振り回されてもまだなんとかついていけてる感じです。

そして。
オーストラリアよりやっぱりアメリカのほうが衣類は安いだろう。ってことで、
(特にアメリカンブランドはそうですよねぇ。)
そろそろ、エミリオ(仮名)の洋服なども買い揃えはじめました。・・・
e0123596_0385626.jpg

今まで女の子ワールドしか興味がなく、見てこなかった私が、男の子の洋服を買い求めているなんて、想像もできなかったけれど、英美里のお下がりを着せるわけにもいかず、一からやり直し。

男の子の洋服のコーナーをくまなくみて、これとこれと。・・・と選んでいって、「ふっ」と女の子コーナーをみると、胸がときめくあまりに可愛いドレスたち。・・・

あ~こんなブリブリちゃんのドレスたちも、もう、買うことはないのね。・・・なんて、がっくりため息をついているいけない母です。

その反面、エミリオちゃんがどえらいハンサムちゃんだったら、(ま。シロクマ氏と私のミックスでそれはあり得ん。って声も聞こえるんですが・・・)むちゃ可愛いに違いない。・・・って今からドキドキワクワクしているミーハーでおばかな母だったりもします。


可愛いぶりぶりのお洋服はもう買う楽しみは無いけれど、生まれてくるわが子に気持ちを馳せている幸せな妊婦であることには間違いないようです。
[PR]
by sumie-s | 2008-06-16 22:30 | Pregnancy

定期検診とウルトラサウンド@20Weeks

今日はエミリオ(仮名)の20週目の検診とウルトラサウンドを受けてきました。
20週目の赤ちゃんの様子

心臓や胃、足や背骨などなど、体の細部にわたって出来上がってきつつある、エミリオ君。
今日はかわいらしい「足の裏」を見せてくれました。
e0123596_12384154.jpg

300グラムほどのTinyな体なのにもかかわらず、もうすでにちゃんと足の指まで出来上がっているのです。単純に「すごいなぁ。」と思ってしまう私。
生命ってすばらしく精巧に作られていくものなのだな。って改めて思い知らされる時であったりもします。

シロクマ氏もモニターに映し出されるわが子の姿を眺めては、将来一緒にBoysの遊びをすることに思いを馳せてみたり、今度はどんな容姿で生まれてくるのか非常に楽しみにしている様子。
英美里がブロンドだっただけに、次回もブロンドベイビーに期待をひそかにかけている彼なのであります。


・・・ってことは、私はまたしばらくは巷で「ベイビーシッター扱い。」ってことになるんでしょうか!?

そして。
早いもので私の妊婦生活も折り返し地点です。
体重は2キロほど増えて階段を上るのがちょっときつくなってきたかなぁ。・・・でも、まだまだ快適妊婦生活と呼べる範囲ですぅ。
心音も力強く、今のところ何も問題は無い様子。このまま後半も順調に行くと良いのですが。・・・
よろしくおねがいしますよ。エミリオさん。


今日も元気に動いています。
[PR]
by sumie-s | 2008-05-20 22:30 | Pregnancy

大安吉日につきご報告。

先日、植えたマリーゴールドの芽がもう顔を出しました。と~っても小さいけれど沢山。
生命の営みってすごいです。
すくすくと育って早く綺麗に咲き誇る花たちを見るのが楽しみ。
小さな芽を見つけて英美里もうれしそうにしていました。

私は花よりもっぱら「ちょっとは大きくなったかなぁ~~~。いつになったら食べれるかなぁ~~~。」ってシソ小さな苗に熱い視線をおくっています。

そしてそして。
私の体の中でも小さな芽を育てているのですぅ。
ただいま妊娠18週目。安定期に入りました。
18週目のベイビーの様子
なのでもうそんなに小さくはなくなってしまいましたが。・・・(笑)

↓これは初診の際にとってもらった13週目のベイビーちゃんのウルトラサウンドの写真。
e0123596_12122977.jpg

横顔のにょっきりお鼻が突き出ているところは・・・シロクマ似ですかね。

指しゃぶりをしたり足をばたばたさせたり、13週目とは思えない人間振りにうれしいと同時に驚きであっけに取られてしまいました。

そして、今日は2回目のウルトラサウンドでした。
この前と比べてずいぶん成長したベイビーちゃん。
大あくび・・・してました。
赤ちゃんって親の心配はよそにお腹の中でとってものんきに暮らしているものなのだな。
って安心したやらなにやら。

そして、そして。
シロクマ家、二人目は、男の子。
今日モニターに写るベイビーちゃんを見てたら言われる前に「男の子だな。」と確信してしまいました。

先生に「It is a boy.」と言われたときにも「I knew it.」といえてしまうくらい。
シロクマ氏にも検診前に「今回は男の子と思うよ。」と予告していたくらい・・・男の子だなぁ。って思っていたのです。

というのも、
今回の妊娠は前回と違ってつわりも軽くおわって、ずいぶんと楽なんです。
そして、英美里の時には女の子の名前しか考えられなかったのに、今回は男の子の名前ばかりしか考えられない・・・。とかとか。
そんなことがあって、「男の子かもね。」と予想していたってわけです。

私は・・・自分も姉がいて、英美里にも姉妹がいたらいいな。って思っていて、それに、なんせ女の子のものはかわいい。なので二人目も女の子がいいな。って思っていたけれど、そんな私の思いとは裏腹にGirlyな世界にどっぷりつかりたくなかったシロクマ氏。
「健康であればどちらでもうれしいけれど・・・でも、男の子がいたらもっとうれしい。」というのが彼の言い分。

今日の検診で「Boy」とわかってからは、一緒にフットボールを見に行くとか、(今からアーセナルサポーター予備軍扱いですし。)Boysの遊びをして遊ぶことにすっかり浮き足立っているみたいですが・・・なんとも気の早い話です。

でも、忘れちゃいけませんよ。
シロクマ家で権力を握っているのは女性人。
好きなようにはさせません。

と・・・そんなこんなで産まれる前から大変そうですが。・・・
今のところ元気に成長中のベイビーちゃん。
シロクマ家のニューメンバーとして無事に産まれますように・・・よろしくお願いしますよぉ。

で。
またまた海外引越しも控えて
「ベイビーが先か・・・それとも引越しが先か。」
と、どきどきの毎日ですが、前にも書いたとおり
「なるようになる。」とニュートラルな気持ちで穏やかでしなやかでありたいけれど、「なんとでもなれ。」と、やけっぱちになっているのが正直なところでございます。
[PR]
by sumie-s | 2008-05-06 22:30 | Pregnancy