「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Moving to Canada( 12 )

もうひと仕事終了いたしました。

昨日も今日も雪が舞いました。
今日は気温は高かったけど(とはいっても0℃とかですけどね。)ずいぶん降りました。
カナダはオリンピックで盛り上がっているようですが・・・シロクマ家のなかでは「なんのこっちゃ。」といった雰囲気で、ここだけカナダであってカナダではない・・・別世界のシロクマ家の人々なのであります。(っていうか、それどころじゃないんですぅ。笑)

そんな中、今日は英美里の学校の入学手続きに必要な書類をいただきに「School Board」(いわゆる教育委員会ですね。)に出向きました。

昨日、学区内の学校に申し込みにいったところ、Visitorの私たちはSchool Board」に登録が必要なのだそうです。そんなこととはツユ知らず、だったのでちょっと肩透かしを受けた感じでしたが、気を取り直して、そのままSubwayにのってSchoolBoardオフィスがある隣町まで。
学校の事務員さんが教えてくれた駅から1駅分も先にあって・・・ひっさびっさ歩かされました。もう一駅先をおしえてくれたらよかったのにぃ。
e0123596_1152236.jpg

と。
愚痴はでたものの、迷うこともなく無事に到着。
だったんですが、必要書類がそろっておらず出直し。(よくあるパターン。)・・・今日も雪の降る中、えっちらほっちら、おちびちゃんたちをつれていきました。


必要だったもの。

英美里のパスポート。
出生証明書。
保護者のパスポート。
ワークパーミット。
雇用者からのレター。(雇用証明というのでしょうか。)
住所が確認できるもの2つ。(レントアグリーメントとケーブルTVの請求書を持っていきました。)

これでOK!!
無事にレターをいただいて、英美里さん明日から晴れて新しい学校生活スタートしま~す。
とはいっても半日プログラムなので・・・マミーさん的にはのんびりできませんが、この2ヶ月ずっと学校に行きたくて待ちに待っていた英美里を学校にいかせてあげられることは母としてとってもうれしくおもいますぅ。

そうそう。
昨日学校のオフィスに行ったときに偶然にも日本人の男の子が座っていました。
日本人はどこにでもいるな~。(笑)

と・・・
プライオリティの高いひと仕事が無事に終わって、ほ~っと胸をなでおろしております。明日からどんな学校生活が始まるのかな~。英美里同様、楽しみなマミーさんです。



家の中もずいぶん片付いてきましたよ。
子供部屋とキッチンがほとんど終わったのであとは、楽勝です。でも、今回は放出したいものが続出でした。春にガレージセールやりたいな。


さてさて。
マミーさんがせっせせっせと荷解きをしているとなりでお楽しみ中の星豪です。
e0123596_11522526.jpg


ダンボールに入って「いないないば~。」
e0123596_11524196.jpg
ほんとうに楽しそう。・・・荷解き作業はおもうように進まないけれど、和みの時間です。

[PR]
by sumie-s | 2010-02-18 11:53 | Moving to Canada

荷解き中・・・ラブストーリーは突然に。

こんばんわ。
うっすら雪の積もったこちらトロントです。

今日はバレンタインデーでしたね。みなさんはどんなバレンタインデーでしたでしょうか。
我が家は新居に届いた荷物とすったもんだで格闘中でございます。バレンタインデーのバの字でも口にしようものなら殺されそうな勢い・・・笑。

ダラスのアパートもシドニーのユニットも収納がたくさんあったので、自分たちがどれほど荷物をもっているのか気にしたことがなかったけど・・・今回は・・・なんだかいっぱいもってるな~。

この春にはガレージセールでもしなくては。・・・と反省しながらの荷解き中。ふぅ~。

子供たちが寝静まった後、キッチンにこもって最後の一仕事。・・・You Tubeでなつかしの「歌謡曲」を聞きながら鼻歌交じりの作業です。

世田谷の小さなアパートで一人暮らししていた若かりし頃。恋に恋するお年頃だったころ。と~い昔のことですわ。笑・・・あのドラマの主題歌にどっぷりはまり作業中止です。(爆)



マミーさんの心はもう・・・
時空を超えてはるか彼方、あの頃の寒い東京の夜にあるのでありました。
e0123596_13245714.jpg



You Tubeサーフをしているともうひとつみつけちゃいました・・・涙がポロリ。


母になってからだめですねぇ。
我が子の姿と重なってぽろぽろ涙がとまらなくなるのでありました。


これじゃ・・・荷解きどころじゃありません。
[PR]
by sumie-s | 2010-02-15 13:25 | Moving to Canada

ところかわればものごともかわり・・・心臓に悪い。というお話。

いつものライブラリーで今日初めて日本人親子と遭遇しました。
しかも、別々に二組も。

今私たちが滞在しているMississaugaという街には結構日本人がすんでいますよ。ということを聞いていたんですが、出歩く場所がかぎられているからでしょうか。・・・はたまた冬だからでしょうか。・・・ど~こにいっても日本人に遭遇することがなかったんです。

が。
今日は日本人当たり日でした。(笑)久しぶりに日本語で会話ができてなんだかうれしかった午後・・・。

だったんですがぁ。
ところ変われば、心臓に悪いことはよくおきるもので、今回の心臓に悪いお話は「車の保険料」
マミーさんそろそろお年が来ているせいでしょうか。最近、悪いお話を聞くと心臓がどきどきするんです。


そのうち心臓発作とかで倒れないか心配です。(それはないな。)

というのも
先日車を買ったシロクマ氏、こちらはカナダの免許証と車の保険がないと引き渡していただけないので、明日車を引き取りにいくために、今日は忙しい仕事の合間を縫って保険の手続きをしていた彼から魔の「愚痴コール」(笑)保険料の見積もりを出してもらったところ、なんと年間5600ドル。とな。


そりゃ~「え”ぇ”~っ。」です。


うわさでカナダの車の保険料は高いよ。とは聞いていましたが、そんなにするなんて。唖然としてしまったマミーさんです。私たちのような外国からの移住者はカナダの運転暦のデーターがないからなのです。優良ドライバーであればもちろん保険料は下がるのですが、それでも、年間2000ドルは払っているというお話。
(オーストラリアで700ドル。アメリカで1500ドルほどだったでしょうか。)


幸いなことにシロクマ家の場合、アメリカで加入していた保険の履歴を参考にしてもらって保険料は引き下げてもらえるみたいですが(というか、アメリカで保険加入していたひとはアメリカのデータがないと保険にいれてもらえないらしいです。汗)・・・これがまた手元に届くまでに時間がかかる。

それに不安がよぎるのは天下のアメリカさまのことですから、自分たちの儲けにならないことに時間を割いて情報を提供してくれるかってなところです。
過去に妊娠中にアメリカから、シドニーに移り住んだとき、アメリカの産婦人科のドクターに今までのデータを送ってほしいという旨を承諾を得たのですが、実際シドニーでのドクターがコンタクトをとっても返答なし。すべての検査をしなおすということがありましたので・・・疑心暗鬼になっておりますぅ。


それにしても・・・今日は車の保険料が高くてどきどきしました。
先日は「マイカー」なんて喜んでいましたが、「車×2台=お高い保険料ダブル」になるんだったら徒歩生活で結構ですぅ~。
なんて思ってしまう小心者のマミーさんなのでありました。

もう引越しのたびに毎度心臓に悪いことが起きるんですがこれっきりにしていただきたい。
っていうか、海外移動はこの先5年ほどはなしにしていただきたい。石の上にも3年といいますしねぇ。

さてさて。
英美里さんヘアーカットしてきました。
長くなりすぎていて、静電気も重なってバリバリで、鳥の巣ができちゃうくらいだったので、ず~っときりたかったのですが、「きる?」と聞いても首を立てに振らなかった彼女。でも、この日は子供美容院の前をとおったら気が変わったらしく、髪の毛を切る覚悟を決めてくれました。

というのも。
このポニーさんの乗り物があったおかげ・・・かと。
e0123596_12525100.jpg
ポニーさんの椅子に座って終始ご機嫌に髪をきってもらっていました。



すご~く丁寧に切ってもらっていたんです。
が。
出来上がりはこんな感じ。
e0123596_1254237.jpg
散切り。(汗)

ま。
子供ですしね・・・ぎりぎりセーフって感じでしょうか。
当の本人は、おまけでもらったロリーと、お馬さんの乗り物のほうがお気に召したご様子で、ヘアスタイルの仕上がりなんてな~んにもきにしちゃいませんでした 。


でも・・・マミーさん的にはぜったい日本人の人がやっているところにしよぉ~。と固く心に決めた瞬間でありました。(笑)こんな母でごめんよぉ・・・英美里。

[PR]
by sumie-s | 2010-01-23 12:06 | Moving to Canada

Getting a Driving Lisence in Toronto.

シドニー生活も残りわずかとなったときにPCが突然壊れてしまい、それ以降、亀の歩みのごとくスローな古株Vaioちゃんを使い続けて早数ヶ月・・・ストレスのため白髪も増えたような(笑)昨日ようやく待ちに待ったさくさく~っと動くPCちゃんが届き、昨日はデーター移動させたり、ソフトをダウンロードしたり。
以前のPCは性能がよすぎてだめになったとでもいいましょうか。高性能のグラフィックカードが熱を持ちだめになるという不始末。それなりに値段がした割に2年持たずに寿命を迎え、保障期間も過ぎていたためあえなくお蔵入りしたので、今回はブログぐらいにしかつかいませんし、そこそこの性能のものを買って、3年保障をつけてもらいました。いくら日進月歩の世界のものとはいえども3年は使いたいものです。

そして、ブラウザーも今までInternet Explorerを使っていましたが、ドイツ、フランスではWarningが出されたくらいセキュリティ問題ありのようなので、今回からFirefoxに乗り換えました。
いちいち「このサイトは開いてもいいですか?」と聞いてくるのでちょっと面倒くさいところはありますが、安全性は高いようです。


さてさて。
今日はカナダはオンタリオ州の運転免許取得に朝早く出かけてきました。ひさびさの6時起き~。外真っ暗。子供たちも最近は8時ころまで寝ているので揺さぶっても何してもおきなくて大変でした。


眠い目をこすって免許センターに8時15分に到着。8時半から受付が始まるのですが、もうすでに多くの人が待っていました。いつもこの手の手続きは面倒くさいですね~。
でも、アメリカのときと違って手続きはすごくスムーズでした。(免許取得物語 in U.S.A.(マサチューセッツ州)       免許書き換えすったもんだのお話 in TEXAS。(そうこうしているうちにシドニー移動が決まったのでMA州の運転免許のまま過ごしました。)


日本とアメリカの運転免許は、オンタリオ州の免許と交換ができるとこのことでした。日本の免許と交換の場合は英訳が必要ですし、長い時間とお金をかけてとりましたし、帰国の際使うことも考えるとアメリカ(MA州)の免許のほうが手っ取り早いのでそちらと交換しました。
必要だったものはパスポートと交換する免許証と75ドル。そして、視力テスト。写真撮影。それだけ。

ちなみに日本・アメリカ(テキサス州)・イギリスの運転免許を保有しているシロクマ氏はイギリスの運転免許と交換しました。日本のは英訳の手間がかかりますし、かといってアメリカの運転免許でもテキサス州の場合は、過去に運転していたという証明書が必要なのだとか。なので、一番手っ取り早く交換できるイギリスの運転免許証と交換に。

この交換した免許証はそのご、取得元の国へ送られ、帰国した際にまたカナダの運転免許証と交換・・・とか。なんとな~くめんどうな気がしましたが、そういうことだそうです。
詳細はこちら。


さてさて。
ここでオーストラリアの運転免許はどうなっている。かと申しますと、テンポラリービザ滞在者はオーストラリアの免許証はいらないのでございます。太っ腹です。でも、ある意味怖いですね。

と。
今朝は早くから免許センターに連れて行かれお疲れさまぁ~。の英美里さん。
e0123596_1114468.jpg
いえいえ・・・この人はいつも疲れ知らず。今日も元気で一日すごしましたとさっ。

おつかれ~自分。

[PR]
by sumie-s | 2010-01-21 11:15 | Moving to Canada

House Hunting in Toronto. - その3 -

たった1ヶ月弱ではありますが、毎日のようにライブラリーに顔を出していると「顔見知り」っていうのはできるもんで、何気にライブラリーで顔を広げつつあるマミーさん(笑)少しずつではありますが、カナダに根を生やしつつあるのを感じます。
こちらの子供は気さくで(大人も。)英美里の社交的な性格もあって、すぐに打ち解けて楽しそうにあそんでいます。今日も同じ年頃の姉妹と長いこと仲良く遊んでいたので、帰り際、姉妹のお母さんに挨拶程度に声をかけ、引っ越してきたばかりで仮住まい中なこと。本住まい先に移るまで学校に行かせられないこと。など話しましたら、あ~らビックリ。このお母さんも同じ境遇とのこと。

イギリスから私たちと同じ時期にカナダに越されてきて、本住まいに移るまで子供たちが学校にいけないので、いい加減退屈して扱いにくくなっている子供たちと一緒に毎日なんとかなんとか過ごしていること。(涙)本住まいへの引越し日も1ヶ月先。・・・そしてそして。仮住まいしているコンドミニアムのビルまで一緒で。(笑)・・・お互いの苦労を分かち合う同士に出会いマミーさんたちも意気投合。ちょっとだけのつもりが色々積もる苦労話をしてお互いの労を癒しあいすっきりした気分で帰ってきました。・・・(笑)

明日はお友達に飢えている子供たち同士(涙)、ビル内のリクレーション施設でボーリングの約束をしてお別れしました。

今日はちょっとへこたれモードだったんですが、同じような境遇でがんばっているお母さんがいるんだわ~。私だけじゃないのね~。・・・と思うとなんだか元気がでました。



さてさて。
「シロクマ家 お家さがし騒動」もおかげさまでひとまず終了いたしました。
迷子になるような家(そして、古い。なんだか怖い。・・・)を見てきたあとのせいか、ものすごく手狭に感じたタウンハウスなのですが、ま。小粒家族が住むには充分じゃないでしょうか。小さな家には慣れている日本人とイギリス人ですしね。

ただ・・・残念なのはバンガロー(平屋)住まいが理想だったマミーさんにとって、2階建てはおろか、3階立てのタウンハウスっていうのは酷。ってなもんです。

が・・・そんな贅沢はいってられません。
バンガロー住まいは「夢のマイホームゲット」までとっておくことにして・・・しばらくの間は3階立てでも住んで、階段上がり下がりに励みこの怠けきった体を鍛えようとおもいます。(爆)


今回は学校もありますが、ロケーションが決め手になりました。
家の目の前が公園。(遊び盛りの子持ちには重要ですぅ。)
ショッピング。ライブラリー。YMCA。学校などなどが徒歩圏内。

そして、今回ど~してもマミーさんのハートをつかんで離さなかったのが、日本人経営のお魚屋さんがご近所さん。こんな日本人妻をもってしまったシロクマ氏には申し訳ないですが、行き着くところは・・・食べ物でした。
彼のオフィスからはちょ~っと遠い気がしますが、家庭平和のため・・・え~んやこ~ら。でございます。

おうち探しが難航した際、「Realtor.ca」を通して、数件のリアルターさんに問い合わせしましたが、手ごたえなく。最終的には日本人のリアルターさんが出してきてくれたところで決めました。
家探しだけではなく、トロント生活情報などもご紹介いただいてとても親切にしていただき感謝ですぅ。こまったときのジャパニーズリアルターさん頼み。ここトロントにあってよかったですぅ。
e0123596_11493732.jpg

家探しで落ち着かない状態が続きましたが、それもようやく終わり、また心の平和も取り戻し、子供たちの世話に専念できる日々がもどって・・・なによりです。

これで晴れて本住まい先に異動して英美里も学校に通わせてあげれるわねっ!!(嬉泣)と喜んだのもつかの間。
仮住まいアパートメントの契約が来月半ばまであること。オーストラリアからの家財がとどかないこと。
などなどで、冬のカナダ。英美里さん学校なし~の生活はあと1ヶ月つづきますぅ。


がんばれ~英美里。
がんばれ~自分。

[PR]
by sumie-s | 2010-01-15 11:50 | Moving to Canada

House Hunting in Toronto - その2 -

ここのところ毎日トロントお部屋探しウェブサイト「realtor.ca」とにらめっこしてます。
というのも、先日のHouse Huntingで気に入ったところはすでに人手に渡っておりました。
「こんなくそ寒い中家探しする人なんていないでしょ。」と・・・のんきに一日考えちゃったのがいけませんでしたかね。ど~ん。と沈んでちょっと回復してきたところです。

タワーブロックに住めないシロクマ氏がいけないのか。
それともトロントのおうちは古すぎる。と思ってしまうマミーさんがいけないのか。
だからきれいにリノベイトしてある物件に出会えたときはラッキーと思ったのですが。・・・みごとに突き落とされました。(笑)

そして。
今日も2件みてまいりましたが、どうもマミーさんが大手でこれでOKって物件はなく。でも、シロクマ氏もだんだん仕事が忙しくなってきてそんなに家探しに時間も割いてられないような雰囲気ですので、ロケーション重視で、今日見てきた中の1件に決めようと手続きにさっさととりかかっているんですが・・・これまた競争で。
「明日にも他の人がアプリケーションを出すかもしれないからはやくぅ。」とせかされておりますぅ。
これで決まらなかったらまた振り出し。はぁ~。そんなのいやですぅ。
e0123596_12371054.jpg


トロントのおうちさがし難航中でございますぅ。
シロクマ家を受け入れてくれる家はあるのでしょうかぁ。
神さま。ほとけさま。おねがいしま~す。


さてさて。
世の中寒くないはずのダラスがマイナス10度とか。イギリスじゃ大雪だとか。・・・あちらこちらが寒さや雪で大変なことになっているのですね。こちらトロント比較的暖かく最低気温もマイナス1ケタ台。最高気温は2℃もありますぅ。雪もうっすら屋根に残っている程度で外歩きも楽勝でしょうか。英美里は家の中で毎日裸ですごしております。(って・・・おいおい。って感じなんですが。汗)

先日だれかか「地球温暖化で今まで比較的温暖だったところが大変な気象になってカナダみたいに厳しい気象なところがこれからマイルドになってくるのよ。きっと。ふっふっふ。」と親指アップアップさせておっしゃっておりましたが・・・。

ものは考えようでございますね。
[PR]
by sumie-s | 2010-01-13 13:06 | Moving to Canada

House Hunting in Toronto. - その1 -

今日は私たちのリロケーションをヘルプしてくれる女性とリアルターの女性に連れられて、シロクマ家、恒例のお家探しツアーに行ってきましたぁ。どんなお家があるのかみてまわるのは、わくわくドキドキと楽しいものだったりすますが、本音は毎年のようにやっててそろそろ面倒くさくなってきた。って感じなんです。これが毎回一日で10件近くの物件を見て回るので・・・ほんとうになが~いツアーです。


いつも海外の引越しのときには会社でリロケーションをヘルプしてくれる人(だいたい女性です。女性のほうがこういうことに関しては気が利くからなのでしょうか。)がついて、家探しや免許やその他もろもろの情報を集めてくれたり、アドバイスしてくれるんですが、そのヘルパーしてくれる人自身もだんなさんの転勤などで色々なところを渡り歩いてきた人だったり。自分が見知らぬ土地へ行ったときにどんな情報が欲しかったかとか、そういうところをよくフォローしてくれます。

じゃ、このワタクシも将来そ~ゆ~仕事できるかも?
な~んて思ってみますが。・・・(笑)

今日のリアルターさんはすごく個性的な女性で、パワーがあふれていて、お年の頃は60歳くらいでしょうか。・・・南アフリカ。キューバ。メキシコと・・・彼女が渡り歩いてきた国も個性的だったのが印象的。あれくらい元気なやり手の先輩女性にあうと、私なんて年だけはとってるけど・・・まだまだ若輩者。
あんなお仕事は無理無理だわね~。だいたいあの大きなハイウェイ運転できないところで落第です。(爆)

と。
そんな話はおいといて。
肝心なおうちさがし。
10件みました~。
神殿のように広い大理石のジャグジーバスがあるレイクサイドのタウンハウスから、これはGrannyのおうちですかね!?・・・家そのものが60'sのアンティークのようなおうちに。イタリア~ンで飾られたデコラティブすぎるおうちまで・・・そりゃ・・・さまざま。


探した範囲はOakvilleというDowntown Torontoから西へ行った町から、北東へ向かってNorth Yorkまで。(OakvilleのVillageはとてもLovelyでした。一見の価値ありかも。)
50キロくらい離れてるでしょうか。・・・わかりませんが、とにかくひろ~い範囲です。


幸い気に入った家はありましたが、どちらも一長一短。といった感じ。(「これ・・・ありえないでしょ。」ってなおうちもアリアリだったんですが。苦笑)
コンドミニアムも含めて探すともっと探しやすいのかもしれませんが、2BRより広いものはないというしぃ。なにしろ高層ビルには断固として住みたくないシロクマ氏。
貸タウンハウスとかもっとあっていいはずなんですけどね。・・・引っ越していた時期が悪いのかなぁ。カナダの真冬ですしねぇ・・・そりゃタイミングは良いわけがない。・・・トロント周辺の家探しはあまり簡単ではありませんでした。
トロント周辺お住まいのみなさん家探しはどうされたのでしょう。


9時半から3時までみっちり車の中でお付き合いしてくれた二人。
大人の私たちだって疲れるのに発狂もせず(笑)がまんして良い子にしててくれました。
3時過ぎ・・・家族揃ってお気に入りのピザレストランにてランチです。(っておそすぎるだろ~。)
e0123596_11274249.jpg

さてさて。
シロクマ家の新しいおうち・・・どうなることやら。

[PR]
by sumie-s | 2010-01-08 11:28 | Moving to Canada

英美里さんの日常。

仕事熱心なイギリス人夫はいつもなら12月は20日ごろになるとお休みをとって年始まで家にいるんですが、今年はこちらにきてすぐにホリデーもないだろう。っていうのかどうかはわかりませんが、めずらしくこの時期仕事にいっております。

めずらしいわねぇ。忙しいのねぇ。・・・とおもいきや。
ホリデー中ですからオフィス内は空っぽですしぃ。仕事らしい仕事はしていないらしく、引越しにかかった経費の精算とかしてるらしいです。今日はランチに食べたサンドイッチが美味しかったとか。本屋で探していた本が見つかってよかったとか。・・・


お仕事ご苦労様でございます。


さて。
オーストラリアでキンダーガーデンの過程を終了してカナダに越してきた英美里。
オーストラリアにいれば今は夏休みの真っ最中。1月下旬まで続きます。
なので、こちらで学校復帰もそんなに急いでさせなくてもいいかな。・・・とか思っておりますが、今まで彼女が身に着けてきたことを引越しのドサクサとその後のダラダラ生活で忘れさせてしまうのは母としては心苦しい。ということで、出来の悪いワタクシが一念発起いたしまして、1日15分づつ朝と夕方に英美里とのワークの時間を設けることを心に決めておりました。
e0123596_11492670.jpg
Disneyのキャラクターと一緒に楽しくお勉強できるワークブック「Addition&Subtracyion」「Phonics&Reading」と「Time&Money」この3冊・・・今の英美里さんにはぴったり。本人もこの手のドリルだと楽しんでやってくれるのでシメシメとか思ってます。そのうえ、どれもダラーショップで1ドル也。マミーさんのお気に入りでございます。(笑)

この3冊を朝ごはんが終わって遊びの時間前に1ページづつやります。我が家の場合これ以上長いのはダメです。これくらいが母も子供も楽しんでできる範囲でいいのです。
そして、夕方はお決まりのK○monのドリルをやります。こちらも1月末分までみっちりいただいてきました。



と・・・オーストラリアのキンダー生活でちょっと補習しておいたほうがよさそうかもね。・・・ってところをカバーできるといいんだけどぉ。・・・と、期待している母でございます。
さて。
そうは問屋が卸してくれるでしょうか。
乞うご期待です。


e0123596_11494681.jpg

今日は外はすご~く寒かったですが、ライブラリーに行ってきました。子供たちが遊べるスペースも設けられているので便利。外では遊べないのでこういうスペースは本当に助かります。お隣にはYMCA。徒歩5分ほどのところにK○monのセンターがあるのを確認したのでKokugoのお勉強ができるのかこちらも偵察は必須。Kokugoをやっている。ということであれば、ライブラリー。YMCA。K○monの3本柱で新しいおうちが見つかるまでの約2ヶ月。英美里の日常はなんとか退屈しなくてもいけそうかなぁ。


などなど思っています。
この冬はマミーさんの踏ん張りどころです。
がんばれ自分~。

[PR]
by sumie-s | 2009-12-30 11:50 | Moving to Canada

家探しが目下の課題。

クリスマスも終わり、次に来るのはお正月。ではありますが、もっかのところシロクマ家の最大の関心事は「棲家探し」なんです。

が。
さっぱりどこに住めばいいのかぜんぜんわかりません。
予算もあるし、自分たちのこだわりもあるぅ。(っていうかこだわっているのは私だけ?)

ここでいっちょ家も買いたい。
とかもおもってるんですが、引っ越してきたばかりの私たちに住宅ローンはくませてもらえないかもね。・・・となると「有り金」勝負。(あ。言葉がきたなくてすみません。笑)私が欲をださなければ、それなりに条件にあう家はありそうですが・・・予算内で好みのライフスタイルに沿うところが見つかるかどうかが問題です。


あせって買うような代物でもありませんから、またしばらくは賃貸で過ごすことになりそうですが。
いずれにしても・・・この広~いところ(トロントおよび周辺を含めるとそ~と~でっかい都市なのです。)でど~やって住むところを決めたらよいのでしょう。
e0123596_1252885.jpg

昨日はドライブしてどんなところがいいかな~。って見て回りました。

で。
なんとなくLovelyな町でLake Viewの素敵なタウンハウスを発見しましたが。1億5千万円なり。(沈)こんなNeighborのところに住めたらいいのにねぇ。・・・の公園にて。


Nothing can be done without hope.(By ヘレンケラー)です。
希望は捨てずに生きたいとおもいます。
[PR]
by sumie-s | 2009-12-29 13:13 | Moving to Canada

シロクマ家 カナダまでのなが~い道のり。

カナダは寒い寒い・・・。とてつもなく寒い!って覚悟してきたのですが「あれ?それほどでも?」。夜もストローラーを押して散歩に出かけるカップルを見かけます。私も毎日ストローラーを押して英美里の手を引いてショッピングモールまで元気に歩いています。外は街に瞬くクリスマスライトがキラキラきれいで、カナダの人たちはオースの人に比べてフレンドリー。心が温まります。そして、ここはほんとうに人種が混ざっているのですね~。

どこへ行ってもいろんな人種の人が同じエリアに集まって暮らしているのを目にしてきましたが、同じエリアに住んでいるだけで人種が溶け合っていることはあまりないなぁ。って思っていました。・・・でも、ここは溶けてる。ほんとうの意味でMeltingpotと呼べる都市かもしれません。

と。
まだ在カナダ3日目にしてえらそうなこといえませんがね。・・・とりあえず、第一印象。ってことで。


e0123596_15254999.jpgさて。
海外引越しのエキスパートシロクマ家。今回も「まだ実感ないわ~。」と思っている間にあれよあれよ。と言う間に、オージー二人組みによって黙々と荷物は包み込まれ・・・またしてもこんな状態に。今回はお引越しの当日英美里は学校。学校終了後そのままホテルへ。という状態だったので、「もうお家には帰ってこないんだよ~。」・・・と、さようならをさせて学校へ見送り、学校が終わったらすぐにCityに向けて出発しないといけなかったので、お友達とも学校にいる間にさようならをしておくんだよ~。なんてことで。・・・もう使わない学校の道具も終わった直後にママ友に預かってもらい、まるで夜逃げのような勢いの引越しでした。こんなことで・・・将来英美里に悪い影響が及ぼさなければいいのですが。鬼母の心が痛む瞬間でございます。

「次回からはもう少し時間に余裕のあるお引越しを。」とシロクマ氏にはキツク言っておかなければね。


e0123596_1526728.jpg
そして。
すべての家財道具はまたまたこんな大きなコンテナーに積み込まれお船に乗ってなが~い旅に出されたのでありました。・・・あれれ。ついこの間ダラスから念願の再会を果たしたばかりなのにあなたたちはまたいってしまうのね~~。・・・自分たちの道具で暮らせない。ってほんと~さみしいですねぇ。無事にカナダ入りされること願っています。って今度はいつかな。


と。
ばたばたではありますが、つつがなくことが進み、オーストラリアを去る時がやってきました。ここでも、英美里に「さよ~なら~オーストラリア!」をさせて飛行機に乗り込みました。
今回はAir Canada。バンクーバー経由トロント行き。14時間のフライトのち1時間半の待ち時間そして、4時間かけてトロントまで。
e0123596_15273948.jpg
歩きたい動きたい。でも、世の中のことは何もわかっちゃいない1歳児連れてのこ~んななが~いとてつもなくなが~いフライトは憂鬱を引き起こす原因意外の何者でもなかったですが、今回はカーシート使用が幸をなしたようです。(2歳以下の幼児が座席使用の場合はカーシート使用は義務だそうです。)あとは座席一つ分余裕にもらえたこと。シートベルト着用しなくてもいいときは座席下のスペースで遊ばせて、着用のときはカーシートに座らせていたんですが、抱っこよりカーシートのほうが落ち着くみたいで、良く寝てくれました。フライトの半分以上はこのシートの上でおとなしく座って機嫌よくしててくれたので、按ずるより産むが易し!意外に楽なフライトでした。カーシート利用はひざの上抱っこよりも1000倍も安全なのだとか。アテンダントの方が言ってました。

なが~い14時間のフライトを終えて大きな山を乗り越え一安心。次の乗継まで1時間半。・・・待ち時間が短いのに越したことはないんですが、今回はちょっと計算違い。

なんていったって、シロクマ氏ここでイミグレに「ワークパーミット」をいただきにいかないといけないんじゃございませんこと~。急いで荷物ピックアップして、イミグレへ。

手続きそのものはスムースに終わって乗り継ぎ余裕ね。・・・ところがどっこいでした。この先、再度の荷物検査、その後チェックイン。これに時間が思いのほかかかってしまい。

最後の呼び出しアナウンスで自分たちの名前を呼ばれているのを聞きながらも乗り遅れてしまうというなんとも運が悪かったですぅ。


っていうか。
なんでもう少し時間に余裕を持った乗り継ぎ便をとらなかったんでしょう。急がば回れ。っていうでしょ。っていつも思うんですがね。・・・シロクマ氏せっかちな性格なのが災いしました。ってことで、次、空席のある便まで5時間待ち~。ぐったりです。よく空港のロビーの座席で寝ている人たちを見ますが、まさか自分も寝ようとは。・・・いつも元気印の英美里以外みんな撃沈なのでありました。

と・・・こんなトラブルに見舞われましたがその後は問題なく夜のトロントに到着~。
大仕事を終えてシロクマ氏と二人、ガッツポーズでございました。


サバイバルですねぇ~。人生は。(笑)


[PR]
by sumie-s | 2009-12-18 15:28 | Moving to Canada