カテゴリ:Daily Living-Boston( 8 )

ボストンでの最後のエントリー。

e0123596_11121587.jpg

ボストンでの最後のブログエントリーとなりました。明日からは家族揃って、途中寄り道などもしつつ、5泊6日ダラスへドライブの旅。・・・1日7時間のドライブ×4日。に3歳児のゴッドねーちゃん英美里嬢がどう持ちこたえてくれるか。それがこの旅を天国にするか地獄にするかの鍵となっております。(笑)

まずは明日は荷物を搬出後。アメリカ東部在住日本人御用達 ニュージャージーにある「Mitsuwa」目指して移動します。
願わくば・・・Mitsuwaにて夕食などありつけたら幸せ。ど~か順調にことが進みますように。


「ボストン」さようなら。・・・沢山の素敵な思い出をどうもありがとう。
[PR]
by sumie-s | 2007-07-30 11:26 | Daily Living-Boston

Farewell Playgroup

e0123596_105363.jpg長くお世話になったPlaygroupで、送別会をしていただきました。英美里がプレに通い始めてから、足が遠のいていた、Playgroup。・・・最後の方はほとんどファイド アウトに近かったのに・・・送別会していただけるなんて、本当に恐縮で申し訳ないなぁ。なんて思っていたのだけれど、当日はおなじみの皆さんとあえておおはしゃぎしてしまいました。それに、「もうあえないだろうなぁ。」って思っていた、ブログが縁で知り合ったみほこさん。の姿もあって、感動。ショーン君も顔は変わっていなかったけど(笑)ずいぶんとおにいちゃんらしくなって・・・脱キカンボウしているように見えました。(笑)私が最後にあったときはこの世に存在していなかったのに、マシュマロのようにかわいくおおきく成長していたマリーちゃんにも最後に会えてほんとうにうれしかったです。


e0123596_10532943.jpgまったく知らない、ボストンと云う地に来て、明るく笑って子育てしてこれたのも、皆さんの存在があってこそ・・・だとあらためておもいました。特に長いボストンの冬の間はPlayrgoupの存在や人たちににどれだけ助けられたことでしょう。・・・美しいボストンの地にて、皆さんと子育てを共有してこれたこと。一生忘れないとおもいます。ほんとうにありがとうございました。

[PR]
by sumie-s | 2007-07-20 22:30 | Daily Living-Boston

アメリカだもの?!・・・モモだってドーナッツ。

e0123596_1110982.jpgスーパーマーケットただいま売り出し中のこのモモちゃん。ちょっと普通のモモちゃんと見かけが違う。・・・なんとドーナッツ型なのであります。

その名も「Donut Peach」。(トレジョーのはSaturnってなってる。・・・この際、見てみないふりしてください。笑)アメリカの人はほんと~にドーナッツがお好きですね。
と・・・
冗談はさておいて。
こちらのモモちゃん。日本のモモちゃんに比べると少し小ぶりで皮がむきにくくてちょっと苦手だったのですが、(というか、ただ単に私が下手なだけかな。汗・・・)このドーナッツモモちゃんは、種が小さくて、なんともむきやすくて・・・その上とてもジューシーで美味。マイブームに火がついてしまいました。

e0123596_1110582.jpgむいてみると・・・こんな感じ。種が小さいから、真ん中がドーナッツみたいにくぼんでしまったのでしょうね。・・・それにしても、愛嬌があるネーミングとその形 プラス 美味しぃ。 久々のヒット商品です。

[PR]
by sumie-s | 2007-07-08 11:11 | Daily Living-Boston

後悔は先には立たないもの。

e0123596_12444989.jpg今日はブログを通して知り合ったゆきぞうちゃんと、「ボストン生活」のBos-yoちゃんが私と英美里をランチに招いてくれました。しかも送別のプレゼントまで用意してくれていて・・・。ほんとうにどうもありがとう。

こんなに良くしてもらって・・・。
私はこのお二人のこの気持ちに見合うだけ、役にたってきたのだろうか。・・・と後悔のような気持ちにおそわれました。後悔は先に立たないもの。・・・ほんとうにそうです。

そして、ボストンでの「さようなら」はまだまだつづくのか。・・・と思うと妙に寂しい気分の夜です。

写真は、たびたび足を止めては眺めていた町の風景。
[PR]
by sumie-s | 2007-07-06 13:01 | Daily Living-Boston

おいしい・たのしい・・・そして、さみしいFarewell Party。

プレスクールのお母さんたちが、今タームでお別れする人たちの送別会を催してくれました。もちろん、子供がプレに行っている間に。(笑)

e0123596_9512531.jpg(ボストンにありながら)日本人の子供ばかり10名が通う小さなプレスクールなので、お母さんたちの集まりも「こじんまり」・・・そのこじんまりさがいいんです。歓迎会・送別会などのイベントのときは、だいたい、ポットラックでワイワイするのですが、今回の主役は口コミでおいしいという、「韓国冷麺」。これね、インスタントで簡単に調理できる代物なのですが、すごくおいしいの。こういう生活に密着したおいしいものを見つける情報網はやっぱり主婦が俄然強い!(笑)評判どおり、そんじょそこいらのコリアンレストランで食べるより、良い素材、良いお味で大満足させていただきました。しっかり、どこのブランドかもチェックして、早速、ボストン在住日本人御用達の「リライアブルマーケット」へ行って材料調達予定です。デパ地下で気軽にお惣菜が買えない、外国暮らし。簡単・おいしいレパートリー一品追加は貴重です。


e0123596_9515268.jpg日本人の奥様方集まったら、何が怖いって、「まずいものが出てこない。」ってこと。いつも思うのだけれど、レストランより家ご飯がおいしいので困りもの。(笑)
〆は「Athan's」のホール ティラミス。冷麺はボリュームがあったので、おなか一杯のはずなのに。・・・やっぱり、デザートは「別腹」。しっかり完食。

おいしい。たのしい時間だったのですが・・・これが私たちのFarewell Partyだというのが悲しすぎます・・・号泣。
[PR]
by sumie-s | 2007-06-15 09:53 | Daily Living-Boston

ふぞろいのイチゴたち。

・・・と、今日のタイトルで世代がばれる。(笑)
Organicのイチゴは味がちがう!・・・Organicイチゴがマイブームな今日この頃です。

e0123596_11165068.jpg英美里の大好物で、ヘルシーだし、お弁当の彩りもよくしてくれる。・・・なので、我が家で欠かせない存在といっても過言ではないほどの「いちご」。そんな我が家では、ごくごく当たり前のアメリカのいちごちゃんなのですが、「ありゃ・・・こりゃ。」といまだに驚かされることがあるのです。・・・それはね。このでっかさ。おとなりにおいてある、ちいさないちごちゃんが日本でよく見かけるサイズです。このふぞろいのいちごちゃんたちになれると・・・日本のイチゴちゃんたちはなんて粒ぞろいでお上品なんでしょうねぇ。と、日本に帰るたび一列に並んで綺麗にパック詰めされた彼らをみて惚れ惚れさせられてしまうわたしなのであります。
[PR]
by sumie-s | 2007-06-14 11:23 | Daily Living-Boston

夏です。Beerです。Harpoonです。

6月の末にはダラス入りして、アパートメント探しの旅に出ることになりボストンで遊んでいられる週末も数えるほどに。・・・なのに またまた週末雨のこちらボストン。(泣)アパート探しの旅が終わると、ほっとして、しばらくまたぼ~っとしてる間に「あれよあれよ。」と云う間に時間が過ぎ、これまた「あ"~!」っと言う間に「ボストンよ、さよ~ならぁ。泣泣」なんてことになりそう。ボストン暮らし中に書いてないこと沢山あるんじゃないの?なんて、ボストン関連のことを焦って記事にしているような今日この頃です。「もっと、地道にコツコツ書いておけよ。」って自分に言い聞かせてみるけど・・・もう遅い。


e0123596_11594941.jpgボストンあたりのLocal Beerと言えば「Samuel Adams」が有名ですが。地元Irish PubMatt Marphy's Pubでお目にかかって以来、私のお気に入りLocal Beerとして君臨しているのがこちらの「Harpoon」。ラベルのデザインの良さもお気に入りポイントを上げてます。・・・今回、写真に写っているのは「Harpoon Seasonal Beer」から、Harpoon Summer Beer。さっぱりすっきり夏味です。

一番のお気に入りは「UFO Hefeweizen」unfiltered wheat beerだからなのでしょうか・・・濃くにごった感じが味深さを誘うそんなBeer。そして、今ムショウに試してみたいのが同じUFOシリーズの「UFO Raspberry Hefeweizen」ラズベリーフレイバービアーですよ。・・・このBeerに合うお料理は「Pork, cheeses, and chocolate cake」となっております。Beerにchocolate cakeという組み合わせ、糖尿病まっしぐらじゃん?・・・なんておもってるようじゃ人生楽しめないの・・・でしょうか?
[PR]
by sumie-s | 2007-06-10 12:10 | Daily Living-Boston

German School De プチ国際交流体験の巻。

先日、ドイツ人のお友達が「子供が学校のアクティヴィティで日本のことをリサーチしたので、その成果を一緒にみにきて欲しい。」とお誘いを受けたので、あまり深いことを考えず、シロクマ氏が日本に滞在していたときに持っていた、英語で書かれた日本の日常やその他もろもろの本があったら説明しやすいかな。・・・なんて気軽な気持ちでその本だけを持って、なんの予習もせずにでかけてみたんです。

e0123596_10524136.jpg3年生のクラスになるのかな?教室に入ると日本の学校の雰囲気とぜんぜん違う。「これが教室ですか?」日本での机がずら~~っと並んでいるのとはちがってちょっと拍子抜け。良くみてみると、いつも使っているであろう、机と椅子は隅に置かれていて、教室奥には日本で言うところの座卓とお座布団らしきクッション。そして、御座が引かれて日本の和室を真似たナンチャッテ和室が出来上がっていました。ナンチャッテ和室の壁には「三振 Strike Out」と書かれた張り紙。きっとこれも松坂効果かな?(笑)

e0123596_11162851.jpgただ、みんながリサーチしてくれたことを紹介してくれるだけなのかしら?と気軽に構えていた私だったんですが、ナンチャッテ和室に通されて、生徒10名の質疑応答が始まりました。そして私は応答する側・・・これには正直少しあせりましたけど、みんなが日本のことに興味を持っていてくれることがとてもうれしかったです。「日本では家で靴をはかないのは本当ですか?」「(東京の地下鉄のMapを指差して)どうして日本にはあんなに沢山地下鉄があるの?」「朝ごはんはなにを食べてるの?」(ある子が「寿司」とか言ってましたね。笑)「空手や柔道は学校でみんな習うの?」「畳の部屋に住んでいるの?」などなど。女の子からは「日本の女の子はどんなスポーツをするんですか?」とか。・・・なかには「年はいくつですか?」って・・・聞いてはいけないことを聞くやつ。・・・もとい。男の子。ちゃんと答えておきましたよ。女の子はちゃんとこういうことはわきまえていて「若く見えるわよ。」なんてフォローを入れていただきました。(苦笑)

先生は茶道のことに興味を示していて、「ティー セレモニーのことを教えてください。」って・・・。こういうことはね。日本人ならみんな知ってるか。っていうとそうじゃなかったりするんですよ。そういうことなら、それそ~と~の人を連れてきたんだけどねぇ。・・・
でも・・・せっかくなので、大昔にかじった程度のやり方でみんなでお茶会の真似事などして遊びました。どうか間違ったことを教えてないことを祈ります。

教室にはお金。ひらがな。カタカナの書き方のプリント。地図。簡単な日常会話。浮世絵の写し絵・・・などなど、こちらが驚くくらいいろんなことを学んでくれていました。お友達のお子さんは、お寿司まで作って学校でみんなで食べたのだとか。・・・えらい!

e0123596_1036305.jpg
将来を担う小さな子供たちが、ドイツから遠く離れた小さな日本という国に興味を持ってくれて、学んでくれている。っていうことが私にはとてもうれしくて、もっともっと日本のことをしってもらいたいなぁ。と思うと同時にドイツのことも知ってみたい。という気持ちになりました。
みんなすごくかわいくて、プチ先生気分も味わえた楽しいひと時でした。
[PR]
by sumie-s | 2007-06-04 10:40 | Daily Living-Boston