カテゴリ:Cape Cod( 3 )

Sandwich in Cape Cod - Green Briar Jam Kitchen -

e0123596_085285.jpgSandwichでの一日はやること盛りだくさん。Thornton W. Burgess Museumの初老のかわいらしいおばあさんに薦められて足を運んだのは「Green Briar Jam Kitchen」。

ここにあるすべてのものがアンティークのように使い古されていて、良い味をかもし出しています。でも、このJam Kitchenはいまだ現役。Kitchenの片隅では、出来上がったJamのラベル貼りをせっせとしている女性の姿がありました。
e0123596_091912.jpgライトブルーと白を基調としたインテリアにJam作りのための使い込まれた道具たちは、新鮮で洒落ていて、カメラのシャッターを押す回数が増えました。こんな洒落た空間で仕事が出来たら気持ちよいでしょうねぇ。
e0123596_095098.jpgお土産にはここで作られたとっても甘いJam。
e0123596_0101169.jpgと・・・Cape CodでローストされたCoffee。

トーストにGreen Briar Jamをぬって、Cape CodのCoffeeで朝ごはん。どんな味がするのかなぁ。楽しみです。

[PR]
by sumie-s | 2007-06-16 23:00 | Cape Cod

Sandwich in Cape Cod - Thornton W. Burgess Museum -

e0123596_23181069.jpgPeter Rabbitで知られる子供向け物語の著者Thornton W. Burgessのちいさな美術館に行きました。
e0123596_2315348.jpgRabbitに成りすました二人。3歳児と一緒に回るとこんなこと(で)も楽しめます。・・・3歳児をとっくに過ぎた大人もウサギさんに成りすまし、ニッコリ。すみません。少々見苦しいものを載せてしまったかも・・・でも、二人とも良い笑顔だとおもいませんかぁ。・・・ほのぼのSandwichでのヒトコマ。
e0123596_23155532.jpg小さな美術館 兼 Gift Shopの中には小さな小さな教室も。・・・なにやら真剣な表情で何をお勉強している様子。・・・と思ったらPeter Rabbitのぬりえをして楽しんでいるところでした。チョロチョロと、普段は落ち着かない英美里も近い将来こんな風に机に座ってじっとお勉強する日がくるのかなぁ。(想像できない。)美術館と呼ぶには小さすぎる気がするけれど、Peter Rabbit,、Reddy Fox、 Jimmy Skunkなどなど記憶の片隅~に追いやられたキャラクターに再び出会って、子供のころの記憶がよみがり素直な気持ちになれる場所でした。

[PR]
by sumie-s | 2007-06-16 22:00 | Cape Cod

Sandwich in Cape Cod - Board Walk -

e0123596_2332714.jpg抜けるような青空の土曜日でした。またまたシロクマファミリーばたばたと支度を済ませ、車に飛び乗り、ボストンからドライブすること1時間と少し、Cape Codにある由緒正しきリゾート「Sandwich」を満喫してきました。Sandwichは「地球の歩き方」にも紹介されているほどの有名なところ、でも、今まで足を踏み入れたことがありませんでした。・・・街並みはどこもかしこも絵葉書のような美しさでそれだけでも十分なのですが、そこに住む人たちはのんびりと優しくて、とても心地が良く素敵なところ。家族みんなとても気に入ったので、ボストンにいる間にもう一度足を運びたい・・・こんなに素敵なところ、どうして今まで訪れなかったんだろう。・・・と後悔先に立たず。再び。

e0123596_10484910.jpgビーチにかかるBoard Walk。寄付で作られているのかな?一枚一枚寄付したのであろう人たちの名前やメッセージが書いてあって、見ながら歩くとそれもまた楽し。 海が満ちているときにはWalkwayの下には魚や蟹がいるが見れてどきどきわくわく。童心に戻って蟹や魚の群れを見つけてははしゃいでしまったり・・・橋の上からは子供たちが飛び込みをして水しぶきを上げて、まさしく田舎の夏の風景。すべてのものが生き生きとしてみえるのですよ。Walkwayの距離は2・300メートルほどですが、楽しいBoard Walk。「千と千尋の神隠し」の1シーンを思い出しました。

[PR]
by sumie-s | 2007-06-16 21:00 | Cape Cod