カテゴリ:Moving to Dallas( 6 )

ダラスにて「運転免許書き換え」のお話。

今日も暑いですぅ。ダラス・・・。とはいっても90F°台前半なのでずいぶん過ごしやすいかなぁ。(笑)

はてさて。今日はMAからTXの運転免許証への書き換えに挑戦してきました。
ほんとう。挑戦って感じです。
州をまたいで免許書き換えTXの場合、Identity、つまり自己確認できるもの、2つ以上が必要で、こちらで職に着いているシロクマ氏の場合、Passportと、ソシアルセキュリティカードでOKだったのだけれど、私の場合、PassportプラスVisa以外に証明するものがなく、このVisaが6ヶ月の有効期限をきっている場合無効。・・・これがネックになっております。

どうしたもんかね。とお役人さんに相談してみたところ、アメリカには「Marriage Lincense(結婚許可証)」というものがあって、結婚するのに、親以外で政府からの許可証がないと結婚できないんですか?ってなこれまた不思議な話がありまして。それを取ったらIdentityとして使えるとのお話でどうですか?と薦められ、「使えるんなら。」って言うんで、早速発行してもらえるオフィスへ行ったところ、「二重婚はしてませ~ん。」とか、「30日以内に離婚はしませ~ん。」とか確かめられて、手を上げて、「これにうそ偽りありません。」ってなことで、宣誓させられるんですぅ。

「あたしたち・・・また結婚するのね♪」ってな錯覚に陥る自体です。
そして、この後、アメリカで結婚を承認してもらうためにわざわざ教会へ予約を入れて、出向いてですね、ジャッジと言われるひとに会ってめでたく結婚をアメリカ政府に許可いただくわけです。
別にアメリカで私たちの結婚を認めてもらわなくたって一向に構わないんだけど。免許のためなら。でも、この手続きが終わるまでに4-6週間かかるとのこと。
とりあえず、ジャッジさんのサインはないけれど、結婚許可証で使えるんじゃなかろうか。と再度、アメリカでいうところの免許センターへいってみたならば、受付の書類をチェックするおじさんは「OK.OK」で通ってほっとしたのもつかの間、免許発行手続きするおばさんにダメだしされてマンマと落とされてしまいました。がっくり。

結婚許可証の手続きが完全に終わるのをまっていたのでは遅すぎる。・・・
というのも、テキサス州の法律で、免許の書き換えは移動してきた日にちから1ヶ月以内に行うこと。ってあるんです。この手続きまっていたのでは、私は違法者になってしまいます。
なので、時間と41ドル支払ったこの結婚許可証。・・・水の泡と消えました。

受付のおばさんは「I-94を更新してくればよいのよ。」って気軽に言うんですが、ダラスからロンドンのアメリカ大使館まではるばる出向いて、3歳の子供連れでですよ。5時間も6時間もまたされるわけですよ。そんな簡単にできますか!ってんだ!!

VisaがExpiredしてるんだったら問題だけど、Visaはあと6ヶ月に果てしなく近く残っているのに、なぜ使えない。・・・解せないもんです。

ということで、「日本語で書かれた結婚証明証」をきちんとした形で翻訳してもらい、それを、Identityに使うことにしたんですが、これまた60ドルの出費なり。

会社の同僚にシロクマ氏が薦められたのは・・・「ほかの免許センター行ってみたら?その受付の人によってはOKってことあるみたいよん。」ってなこと。人によってはまかり通るってことですか?
まったくストレスたまることがおおいこの手の手続き。

早く終わって欲しいですぅ。
[PR]
by sumie-s | 2007-08-28 12:20 | Moving to Dallas

暑いですぅ。・・・旅も終わりに近づきました。

e0123596_7544424.jpgテネシー州メンフィスからアーカンソー州を経て、今日ようやくテキサス州入りしました。今日はTexarkanaという、アーカンソー州とテキサス州の州境の町(といえるのかな?何もないかんじだけれども。・・・)に泊まっています。明日はいよいよDallas入り。・・・結局予定より1泊延びて6泊7日の旅になりました。はてさて、明日は新しい我が家にたどり着けるかな。・・・Dallasまで残り180Milesです。

今日はお昼にクリントン元大統領の出身地アーカンソー州Little Rockに立ち寄りLittle Rock River Market
というところで偶然ファーマーズマーケットに出くわしました。グリルドチリとか、オクラとか売られていて、南部の台所を垣間見ることは出来たのですが、残念なことに南部料理には出会えませんでした。それにしても・・・おいしそうな野菜とフルーツたち。英美里もついついつまみ食い。(オイッ!)・・・左の写真はブルーベリーにありつけて「おいしぃ。」のヒトコマ。

e0123596_75585.jpgテネシー州に入ってからくらいかな?気が付けば・・・とっても暑い。ボストンも暑くなるけど、やっぱり暑さが違う!「ジリッ」・・・とくる暑さです。

暑くて暑くていったいこの気候になれることが出来るのかしら?と心配になったけれど、「そういえば、ボストンに初めて越してきたときはあまりの大雪にとっても不安になったっけ。(あまりの雪にあわてて食料買出しに走りました。今から思うとたいした雪ではなかったんだけど。)」と・・・「ま。Dallasでもなんとかなるでしょう。」と思い直した私なのであります。

大きなスイカ。夏ですねぇ。
[PR]
by sumie-s | 2007-08-04 21:00 | Moving to Dallas

自然の中にて旅の小休止中です。

e0123596_74392.jpg「お引越し」とは言っても、ただ移動するだけではもったいないので、寄り道などしていきます。

バージニアにてThe Natural Bridge of VirginiaのCedar Creek Nature Trailへ。アメリカ初代大統領George Washingtonが若かりしころ、発見して計測されたという、貴重な大きな自然の橋を拝みつつ、川沿いを歩くこちらのトレイルは子連れでものんびり歩けるし、珍しい蝶や、トンボ。どことなく懐かしい「蝉」の声など聞きながらのハイキングはとっても楽しい寄り道になりました。

その後、280Miles移動して、昨日いよいよ南部テネシー州入りしました。ほぼ半分くらい旅の行程を終わったところかな。・・・

そして、今日は旅の中休み。移動は「なし」です。Great Smoky Mountains National Parkにて午前中はショートハイキング。午後はのんびりして息抜きしました。

3日間、長時間ドライブに付き合わされた英美里も、今日はハイキングに(とはいっても、ここのところの寝不足がたたってか、あまり歩いてくれなかったんだけどぉ。)、川遊び、街散歩に、プール遊び・・・と、はしゃぎまくって、走りまくって、お疲れだったみたい。(ゴッドねーちゃんの目の下にクマが出来ていてビックリしてしまいました。苦笑)パジャマを着たら、自分で歯を磨いて「もう寝る支度できたよぉ。」と言ってさっさと寝てしまいました。

只今、午後9時45分。シロクマ氏と英美里嬢。二人の寝息を聞きながらブログ更新中です。なぜかとても「平和」です。(笑)

明日はまた「Menphis」に向けて400Miles移動します。
そろそろ「南部料理」など食べ頃でしょうか?

[PR]
by sumie-s | 2007-08-02 22:00 | Moving to Dallas

1804.40 miles ボストンからダラスへのドライブの旅。

e0123596_10345930.gif
上の地図は今回我が家のボストンからダラスまでの旅のRouteとなっております。(Mapをクリックすると拡大されます。)Mapは今朝出発したNJからになっているんですけど、ボストンからはしっておりますぅ。あしからず。

果てしな~~~く遠く思えたボストンとダラス間ですが。・・・こうやって見ると、意外に近くないですか?
皆さん、ドライブで遊びにきてくださいね。・・・ってそんなこと言うなら、私がドライブしてボストンへ遊びに来い?・・・それは無理ですぅ。

-------------------------------------------

今朝早くGeorge Washington Bridge近くにあるニュージャージーのホテルを出発後、約400Milesのドライブを夕方には終えて、2日目の宿泊先、バージニア州Stauntonという小さな町のホテルにてブログ更新中です。

道中、ワタクシとしたことが、アイスを食べておなかが痛くなって「う~~~ん。・・・・早くどっかのトイレに連れて行ってぇぇぇ。一分たりとももう待てないぃぃぃ。う~~~ぅぅぅぅ~~~。汗汗汗・・・」

「マミーさん、アイス食べておなか痛くなったの?大丈夫ぅ?」と英美里に体をさすられるという事態に見舞われてしまいました。が、それ以外は大きなアクシデントなく、英美里さんの愛情も確認できたし・・・今のところ家族3人仲良くドライブの旅をしております。(英美里さん、英語でも「You have a stomach?」って云って気遣ってくれるのは非常にありがたいし、云わんとしている事はわかるんですが・・・Stomachは無いとご飯たべれません。と、ついつい3歳児相手に足を引っ張りたくなってしまう私。笑)

明日はテネシー州にある、Knoxvilleという町へ移動します。

今回の引越し。
最初のプランとしてはシロクマ氏だけで車移動をして、(引越し便で車を送ると家財道具と同じくらい日移動料金がかかるので。・・・)私と英美里は飛行機でダラス入りを予定していました。でも、「楽しいことも辛いことも分かち合ってこそ家族。」・・・と思い切ってドライブ旅に決めました。

ボストンの家を引き払うときには、見慣れた景色を見ながら「もうあえないのかぁ。・・・」と、さすがに寂しくて、英美里にも「このおうちにさようならするんだよ。」って云ったら大泣きされてしまい。・・・私もつられてついついまた泣いてしまいました。・・・でも、こうして家族揃って、変わりゆく景色を見ながら旅をしていると、徐々に気持ちを新しく切り替えることが出来るし、ダラスに付くころにはすっかり元気になっていられそうなので、ドライブ旅にしてよかったなぁ。と只今実感しております。

が!
そんな流暢なことを言っていられるのも今のうちかもしれませんねぇ。
今後、どうなるか乞うご期待です。
[PR]
by sumie-s | 2007-07-31 21:00 | Moving to Dallas

お引越し。気になるのは・・・やっぱり彼女のこと。

e0123596_5425084.jpg家の主とその子。・・・空っぽの新居にて、笑顔のツーショット。前回のエントリーの写真がシロクマ家の新居と思う人が多かったので、実物公開です。

あのおされなインテリアのCommon Spaceに比べると実際の部屋は数段落ちるんですが、ボストンの住宅事情に慣れてしまった私たちには、十分魅力的なアパートメント。明るいリビングと暖炉。そして、バルコニーがお気に入り。英美里も気に入ったのか、床に寝っころがって猫のようにごろごろ。まるでもう自分のうちみたいにくつろいでいました。それをみて直感的にここに住む決心がつきました。(笑)結構単純なことで決めてしまったような。・・・もっと、考えればよかったかなぁ。とか色々考えて昨夜はよく寝れませんでした。

さて。新居が決まって、お次は引越し屋の手配。電話・テレビ・インターネットなどなど契約関係の手配などなど、細かいことを決めていくのですけど。もうひとつ、大切なこと。それは、英美里さんのプレスクール選び。e0123596_5432725.jpg今まで通っていたところの評価が私の中で高かったので、それに値するところを探すとなると・・・またこれが・・・普段悩まない私を悩ます要素だったりするわけです。規模は大きすぎず、設備が整っていてカリキュラムもしっかりしていて。・・・できれば日本人のお友達も欲しい。いたらいいなぁ。・・・そして、何より英美里が楽しく過ごせるところ。・・・となると、部屋探しよりもこれは難しいかもしれない!!

ダラスに滞在中、ホテルのふかふかの気持ちが良いベッドに寝れるにもかかわらず、「おうちに帰りたい。」と言い。お友達、先生の名前を一人一人あげては「どうしてるかな。」と聞き。「○○公園に行きたい~。」と毎日プレのお友達と遊んだ公園の話をし。・・・いつの間にか自分の居場所がわかるようになっていたんだなぁ。・・・そんな英美里を見ると、親の都合で今までの楽しかった生活から引き離してしまうことがど~しよ~もなく申し訳ないことのように思えてしまう今日この頃なのであります。どうか、彼女の笑顔が曇ってしまわないように。・・・がんばるしかないな。

親になると引越しひとつとっても悩み事になるもんなんですね。
[PR]
by sumie-s | 2007-07-02 05:43 | Moving to Dallas

Apartment Hunting・・・無事終了。

e0123596_6435396.jpg25日午後8時のフライトを午前8時のフライトと間違えるアクシデントに見舞われながらも、無事(?)に初ダラス入りしました。この季節の私がイメージしていたダラスとは・・・日が燦燦と降り注ぎ、ただひたすら暑い。・・・でも、私たちを迎え入れてくれたのは大量の雨。外にいると暑くなく、寒くなく程よい気温だけど、エアコンのよく効いた建物内にいるとボストンとは違う形で、寒い!!ぶるっ。・・・ボストンで長いこと日の目を見なかった英美里の真夏のドレスをここぞとばかりに持ってきたのに、もう少し暖かい洋服をもってくるべきだったかな?・・・と後悔。あいにくの天候で歓迎された私たちですが、ここにきた本来の目的、「棲家探し」は無事に終了しました。
静かなカントリーサイドを好み、騒音には人一倍敏感なシロクマ氏。と、セミアーバンライフ派の私。「棲家探し」は私たちにはいつも難題。あちらを立てればこちらがたたず。・・・私のほうが家にいることが多いのでたいていは私の意見を重視してもらう。・・・というより、シロクマ氏の場合、半ばあきらめモードでしょう。でも、今回はなんとかおいしいどことりできたようです。これでDallasにてHappy Lifeがおくれるかどうかの一つの節目は・・・越えられたようです。めでたしめでたし。

でも、やっぱりあれですね。右も左も知らない土地で棲家を探すのってなかなかむずかしい。今回もあたりかはずれか・・・住んでみないとわからない。どうか私たちに合ったところでありますように。って祈るばかりです・・・。


今回私たちがアパートメント探しで利用したサイト。
Rent.com
Umovefree
Apartment Rating
は役にたちました。

7月1日に再びボストンに戻ります。
[PR]
by sumie-s | 2007-06-28 06:44 | Moving to Dallas