「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Trick or Treat!? in Sydney.

e0123596_17581471.jpgどこもクリスマスのディスプレーにかわりつつある、こちらシドニー。ハロウィーンなんてどこ吹く風・・・って感じだったんですが、お友達がTrick or Treatに出かける。っていうので、英美里さんも便乗してTrick or Treatingに行きました。


でも・・・

どこの家の軒先にもかぼちゃなんて、ひっとつも見かけないんですけどTrick or Treatにおじゃましてもいいんですかっ!!!(ま。季節が「春」ですし。・・・かぼちゃっていうのもねぇ。)

っていうのがひとつ心配の種だったんですが・・・

アメリカに比べるとじみ~なハロウィーンでしたが子供たちはそれなりにTrick or Treatを楽しんだみたいです。

これで、地味でもハロウィーンにTrick or Treatに行くことがわかったので、来年は、英美里のコスチュームを新調しようかとおもいます。




さてこちら。今年はTrick or Treatに出かけられなかった新米。
「サル」です。
e0123596_20191653.jpg


もとい。
ジェイミーオリバーです。

おっと、これもちがう。
(え"っ!似てない。)

我が家のプリンス星豪のファーストフォトセッションの写真です。
生後4日目に病院にてプロのカメラマンに撮っていただきました。
新生児の頃・・・まだまだしわしわで生まれたての感じが初々しい・・・この頃はまだふっくらした感じはないんですね~。

今は見違えるほどプックプックですよ。


[PR]
by sumie-s | 2008-10-31 17:58 | 英美里 Emily & 星豪 Theo

My little ones are growing.

シトシトと雨が降るこちらシドニーです。

英美里は・・・昨日、今日と同じ年の男の子とPlaydate中。
やっぱり子供は子供同士がよろしいようです。
(母も楽ができますしぃ~。そこがポイント。爆)

「赤ちゃん寝てるからしずかにね~」
「トイレに行ったら手を洗うんだよね~」

なんて、お互いちょっとした生活のルールを主張しあってるのを聞いていると「そうだ、そうだ。よ~くわかってんじゃん。」なんて、ついつい笑ってしまいますぅ。

その英美里。
来年の1月から地元のKindergartenに通い始めます。
昨夜は学校の説明会が開かれて、仕事から帰宅後に出席してきたシロクマ氏。
7時半から9時半までみっちりの説明会だったようです。
(シロクマ氏が帰宅したときには私はもうすでに夢の中!汗)
e0123596_9463464.jpg

昨夜配布された学校のパンフレットに目を通すシロクマ氏とマミーさん。
私たちもすっかり親になったよね~。って実感する瞬間。

ついこの前まで、ヨチヨチ歩きだった小さな女の子が制服を着て学校に通う年齢になるなんて・・・時間はどこへ飛んで行ってしまったんでしょうか。

e0123596_9114438.jpg

もう一人、我が家のLittle one...小さいほう。

星豪もあれよあれよと言うまに生まれてから一ヶ月たとうとしています。
あ~・・・はやいはやい。
あっけないくらいよく寝る・・・親孝行の良い子ですぅ。


まだ歩いたことのないこの小さな足もあっという間に大きくなって、自分で大地を踏みしめてやんちゃをしながら歩くようになってしまうのでしょうねぇ~。

赤ちゃんの小さな足。手。ニオイ。

すぐに消えてなくなってしまうのかなぁ。・・・なんて思うと、もったいなくてずっ~と見ていたくなりますねぇ。


日持ちのしない、生菓子のようです。

[PR]
by sumie-s | 2008-10-30 09:12 | 英美里 Emily & 星豪 Theo

The 出産 in Sydney.

いまさらながら出産のお話。


二度目の出産ながら人生初15時間の陣痛を体験いたしました。

「自然分娩でいけるか!」とおもいきや!
結局「帝王切開」で終了。


星豪も英美里とおんなじで「ぽ~ん。」と苦労知らずでこの世にでてきました。
でも・・・
15時間お腹の中で出てこようと踏ん張っていただけ英美里よりすでに人生ひと苦労してきたのかもしれません。

私的には
「な~んだ。陣痛我慢しただけ損ちゃったなぁ~。」


ってな、感じなんです。
が。
総合的に感想をいわせていただきますと「満足」「納得」したお産だったので、最終的結果、オーライでございます。

英美里のときは、部分低地胎盤だったため、赤ん坊が産まれる準備ができたらすぐの37週目1日で「予定帝王切開」での出産でした。なので、母も陣痛の痛みも苦しみもなにも経験しませんでした。でも、お産のあとに少々痛い辛い思いをしたので、それがトラウマとなって、今回は英美里もいるしぃ、海外での出産でシロクマ氏以外のヘルパーもなし、しかも引越しでバタバタしてるしぃ。・・・といろいろ考えて「自然分娩の方が回復が早いにちがいない!」と勝手に思い込み、自然分娩(正確には無痛分娩ですね。)にこだわっていたわけです。


日本では一人目が帝王切開ならば、後は必ずと言ってよいほど帝王切開になるようですが、アメリカ、オーストラリアは前回の切開した状況や、今回の妊娠のコンディションによっては自然分娩のチャンスが得られます。

今回、妊娠早期に出産する病院の確保が必要と言われているシドニーに妊娠36週目という遅い時期に移動してきて、「産み落とす医者と病院の確保ができないかもぉ~・・・そうなったらど~するぅ。日本にかえってお産してくる?」なんてシロクマ氏に脅かされ「先進国にいて、保険もあるのに、そんな馬鹿なことがあるかっ!!!」と泣きながら吠えたこともありました(笑)が、そんなことにぶち当たることもなく、(あたりまえだろ~。と思いますが。)幸運にも信頼できるドクターに診てもらうことができ、陣痛促進剤はリスクがあるので使えないけれど、順調だし、自然分娩でいける可能性はある。といってもらえ、「よかったぁ。」と一安心して、今回は陣痛がくるのを待って出産を迎えました!

でも・・・あれですね。
陣痛で体が準備はじめてからの出産のあとは、予定帝王切開より体力の回復がおそいような気がするのは気のせいですかっ?!
股関節がかっくんかっくん。言うような感じがしたんですけど・・・これって普通ですか?!
(もう直りましたので、ご心配なく。)

ま。・・・英美里産んだ時より確実に4年半分はしっかりと年をとっているわけですし、体が「老化」しているから。・・・ってことも原因のひとつであることはまちがいないとおもいます。


自然分娩で~(正確には無痛分娩!痛みによわいので。)なんてよくばったばっかりに耐えなくても良かった15時間の陣痛に耐えたのは正直無駄でしたぁ。
それにしても、痛みに弱いとか言っている割に・・・よく15時間も陣痛絶えてたなぁ。って不思議に思うんですが、どんなもんなのか、体験できたのはよかったかな。(無理やり。笑)

e0123596_2492165.jpg
英美里を出産した日本の施設は、NICUがある大きな病院でした。

術後1日半ほどでベッドから離れられるようになるんですが、授乳室があるところまで歩いていかないと授乳もさせてもらえず、「授乳したかったらわが子に会いたかったら這ってでも来い。」「体力を回復させるには動かないと。」的な考えの元、シドニーで処方してもらった痛み止めに比べると大して効き目のない痛み止めで、えらい痛い思いをしながら我が子あいたさに授乳室まで手すりにつかまりながら歩いていった記憶がしらずしらずにトラウマになってました。

なので、「またかぁ。」って思っていたんです。
でもね、今回のシドニーの病院では至れり尽くせり。

食事だって、日本だったら4日間はおかゆです。(初日なんてなにも食べさせてもらえないんです。水ですら・・・)
でも、こちらでは、術後すぐにお水を飲ませてもらえたし、夜にはスープとかゼリーを食べました。次の日には普通に食事させてもらってました。
シャワーだって、日本は4日間入れなかったのがこちらは翌々日には看護婦さんの付き添いの元浴びさせてもらえました。

個室のバストイレつき。
痛さに耐えながら歩かされる。・・・なんて、ミゼラブルな思いはしなくてすみ。

そして、痛みに異様~~に弱い私。肝心な「痛み止め」は痛みがないようにしっかり効くものが処方されていたのはポイント大。(笑)食事は上げ膳据え膳。モーニングティーにアフタヌーンティ。・・・毎日の楽しみでした。
そして、施設、医者、看護の質、どれをとっても満足できるものでした。

ま。担当の執刀医が「は~い!ぼくがね~君の執刀医だよぉ。よろしくね~。痛いことはなにもしないよぉ~。痛いことがあったらね、それは、僕じゃなくてMr.Smithのせいだから。」って、まるで町のカフェに居たところを急遽バイクで駆けつけました。ってなラフな装いのチェックのボタンダウンにジーンズ姿で現れ、冗談かましてくれたのには、度肝を抜かれましたが。・・・(爆)
何事もなく無事に手術は終了いたしました。


シドニーに越してきたばかりで知り合いも親戚もない私を気遣ってくれて、アフターケアや日本人のヤングベイビーのママさんの集まりを紹介してくれた看護婦さんのこころづかい正直、びっくり・・・ナースコールを押すたびに「What can I do for you?」とやさしい笑顔で現れ、「なんでもおっしゃってくださいませ。女王さま~。」的な対応。・・・数年の外国暮らしでキメの細かいサービスなんて期待することすら、とぉの昔に忘れておりましたもので(笑)、かゆいところに手が届く的な看護に感銘にちかいものを感じちゃいました。

お産って大変なもの。というイメージがあって、正直、今回もそれなりに大変ではあったけれども、入院生活ものんびり楽しめたので、こんなんだったらもう一人くらい産みたいかもぉ。と思えたくらい。・・・ま。うちの場合は私の年齢もありますしぃ~、もう満足したので、打ち止めです!!!

e0123596_2495692.jpg
私が知る限り、日本の場合、出産となると「痛みに耐えてなんぼ。」「痛みに耐えることによってわが子への愛情がうんぬん。」的な印象があるんですが、医療が発達している今、精神的に苦痛が少ないというのは母体の体力の回復にも大きく影響があるみたいですし、無痛でお産。ということがもっと主流になって、もっと楽で、楽しいことに思えて、「もうひとりくらい産んでもいいかもぉ。」って思える女性が増えれば・・・少子化問題にも少しプラスに働くこともあるんじゃないかな~。なんて単純に思ってしまいます。

医療知識はまったくないのでただの素人の一意見です。
ので、あしからず。


でも・・・
最後に言わせていただきます。
自然分娩で赤ちゃんを生まれているお母様方・・・すごい!!

すごすぎです。


私なんて陣痛だけでひ~ひ~でした。
「あと、陣痛まっていると5時間はかかるわね、でも、今もうベイビーがHappyな状態じゃないから、帝王切開で・・・」と言われたときには「お願い!そうしてくれ!きってくれ!」って正直、ほ~っとしていたくらいでしたから。・・・

ほんとうのお産って・・・どんなにすごいんだろ~。って
経験できませんでしたが・・・私には無理そ~だな。

ということが判明しました。
[PR]
by sumie-s | 2008-10-26 02:47 | Pregnancy

Day1 Without Daddy.

こんにちわ みなさん。
ワタクシ・・・生きてます。(笑)

今日から・・・と思っていたダディさんなしの生活。勘違いしていて、実は昨日からでしたっ!!
ちょっとフライングかかりつつ、英美里、星豪との3人の生活が始まったのですが・・・昨日はなんなくクリア~。(祝)

一日中、雨の降っていたどんより天気だったせいでしょうか?朝は何かとおきている星豪は朝からずっとほとんど寝ていたし、泣きもせず彼はほんと~に手間いらずでございました。
英美里が赤ちゃんのときは、この10倍は泣いていたような気がするのは、気のせいかしら。・・・

もうひとつラッキーだったのは
お友達が「生で食べられる玉子 30個(多すぎだろ~。笑)」を届けてくれたので、子供は遊ばせておいて、母二人は午前中いっぱい一緒にお茶をしてまったりティータイム。ストレスフリーで終了したDay1。

「どんなことになっているんだろ~ぉ。」と内心ハラハラしつつ帰宅したシロクマ氏もきっと胸をなでおろしたに違いありません。

「う~~~ん。この調子だ!!このまま乗り切ってくれっ!」

って自分にエールを贈ってみるものの、そうは問屋がおろさないでしょうねぇ。

ちなみに今日。Day2は・・・
再びママ友のヘルプ。
英美里をPlaygroupに連れて行ってくれてましたぁ。
で。・・・こうやってブログ更新できている次第ですぅ。感謝感謝。


私はみなさんに声を大にしていわせていただきたいっっ!!!
大国の大統領や首相なんかよりよっぽど多くの愛の手を差し伸べてくれるママ友は偉大です!!!(笑)


で。「ダディさん抜きの生活 Day1」無事終了記念に「英美里と星豪のツーショット」撮りました。
e0123596_1734711.jpg

姉弟愛が画からあふれているでしょうか?
[PR]
by sumie-s | 2008-10-22 17:04 | Daily Living-Sydney

これからが正念場でしょうか。

Garden Centreで仕入れてきた花やハーブを一緒にポットに植えたり、種を植えたりしているシロクマ氏と英美里。その手前にまどろむ星豪の図。

まぁ~あ。なんて平和なんでしょ~。
e0123596_7335550.jpg

と・・・。
画を見ている限りではそうおもうでしょうね。でも、実は後ろの二人・・・喧嘩中。(爆)
険悪な雰囲気が漂っていたんですね~。
シロクマ氏の指導を無視してわが道を行き、土で真っ黒になる英美里嬢に几帳面なシロクマ氏のイライラが募っている図でございます。

ま。こんなことは日常なんです。
戌年のシロクマ氏に申年の英美里。「犬猿の仲」とはまさしくこのふたりのこと。ほんと~にTVのコメディドラマでも見ているようなこの二人の関係、母は笑わずにはいられません。

さてさて、こんな感じでバタバタと喧嘩しながらの毎日なんですが、泣いても笑ってもダディさんの2週間のパタニティ休暇は明日で終わりなんですぅ。


e0123596_7341674.jpg
ダディさんに怒られようがなにしよ~が、この笑顔の彼女。最近またまたパワー炸裂・・・
で。跳ね回って、しゃべりまくって・・・マミーさんは時にめまいがするくらいなんです。

先日は話し相手が居なかったので、一人で二役やって話している英美里を見てしまって・・・ほんと~にびっくりしました。
「Ms.Chatter Box」ってまさしく彼女のことなんですぅ。
誰に似たんだろ~。・・・って私ですね~。(苦笑)


で。
この彼女のパワーに見合う人はやっぱり子供しかいない!
と思うんですが、臨時で行かせていただいている幼稚園・・・はてさて、来週からは何日通わせてもらえるのかしら?・・・ってところが気になるところ。
もし、空きがなかったら乳飲み子抱えて公園にも連れ出せず、パワー炸裂英美里と一日自宅。ってことですか。・・・
う~ん。考えたくない。(爆)

でも、皆さんそうやって子育てはされているわけだから世の中のお母さん方はほんっとえらいです!!


産後直後といいつつも、ダディさんが家に居てくれたおかげでケーキを焼いてる余裕もあったりしたわけです。
(ま。ヘルプもしてくれたけど、ゲームしてる時間も長かったのは解せませんが。(怒)っていう、補足付きとなりましたが!あまり欲張っちゃあいけませんね。)
e0123596_1184226.jpg

そのダディさんが仕事に戻って、私たち、これからが正念場かもしれません。

乞うご期待です。

[PR]
by sumie-s | 2008-10-21 07:31 | Daily Living-Sydney

家族みんなの楽しみ。

e0123596_2014268.jpgお天気に恵まれたこちらシドニーの週末。
シロクマ家は新生児 星豪がいるので、まだまだ遠出はできないのだけれど、せっかくのお天気の休日。ずっと家にいるのももったいないので、午後から近所のGarden Centreに出かけました。シロクマ家、家族揃っての楽しみはガーデニング。シドニーの住まいはイギリスの家以来の庭付き。・・・とは言っても猫の額ほどですが。ガーデニングを楽しむには十分な広さです。あれやこれや・・・温暖なシドニーの春は植物の種類がとても抱負。シロクマ氏唯一イギリス人らしいところといえば・・・ガーデニングをこよなく愛するところでしょうか。・・・今まで庭がない生活が続いていたので、みんなとっても楽しみにGarden Centreに足を運びました。

e0123596_2021581.jpg
どれにしようかな~、色とりどりの花に囲まれて、家族揃ってあれこれ迷うのも楽しいGarden Centreへのお出かけ・・・。これからシロクマ家の御用達になりそうです。


ところで。
英美里似の6歳の女の子の心打たれる歌声ですぅ。
"Britains Got Talent * Connie, 6, WOWs Simon Cowell !!!"
いつもはとってもNastyなあのお方も大絶賛の天使の歌声。
子供ってほんと~に侮れません。

そして。
英美里にもこんな才能があったらな~。・・・


いっちょ明日歌わせてみるか!
[PR]
by sumie-s | 2008-10-19 19:59 | Daily Living-Sydney

A Health Visitor for Theo.

朝風呂はいってスッキリさっぱり・・・のセィオです。
e0123596_93768.jpg
ちょっと汗疹がでちゃってかわいそうですねぇ。
春とは言っても、朝晩は結構肌寒く・・・風邪を引かさないようについついブランケットを厚めに巻いてしまうのがいけないのかなぁ。・・・
赤ちゃんにあわせた温度設定って・・・なかなかむずかしいですねぇ。
男前が台無し!(はい、親ばかです。)早く良くなりますようにぃ。


日中と夜はほとんど寝ている彼・・・まだまだ彼がおきているときの写真をとるのが難しいくらいなんです。でも、夕方になると・・・これが私には「赤ちゃんの七不思議」のひとつ「たそがれ泣き」でしばらくぐずぐずとおきているようになりました。

でも、英美里のときと比べると声の大きさも半分くらいで、ずいぶんかわいらしい「たそがれ泣き」なんですけどね(そぉなんです。英美里は産まれながらのゴッドネーチャン。笑)それでも、「ミルクをあげても、オムツを換えても・・・泣き止まないのはなぜかしらぁ~。」と汗汗・・・になってしまうお母さんはきっと私だけじゃないはず!!
英美里のときは「どこか体の具合が悪いんじゃないの。」ってシロクマ氏と姑に勧められ病院へ足を運んだこともありました。
風邪でゲホゲホ・・・のほかの子供に混ざって、長い時間待たされてやっと先生に診てもらえたな~。って思ったら苦笑いされて「・・・赤ちゃんってそういうものですよねぇ。」って言われて、ちょっと恥ずかしい思いをして帰ってきた記憶が・・・。
「そっかぁたそがれ時になると人はちょっと物悲しくなるもの。・・・赤ちゃんもきっとそうなのね。」って思い込んできたんです。


e0123596_9203724.jpgが。
昨日、Health VisitorがTheoの成長状態をチェックしに訪ねて来てくれた時に「日中はほとんど寝ているのに、夕方になると泣くのだけれど。どうして?」と聞いてみたとき、「赤ちゃんも一日の終わりは疲れるのよ。それで、泣くの。大人も朝から働いて一日の終わりには疲れるでしょう?機嫌も悪くなるわね。赤ちゃんもそれと同じことなのよ。泣いて知らせて、周りの人にお世話してもらって、それで赤ちゃんは人との信頼関係を築いていくのよ。」
昼も夜も寝ているだけの赤ん坊が疲れるなんて思ってもいなかったこと・・・でも、生まれたばかりの赤ちゃんにとっては、お母さんのお腹の中から「ぽんっ」っと、この世に出てきて・・・息をしているだけでも、外の音や光を感じているだけでも疲れるのね~。精一杯生きてるのね~。

と。
正直この話を聞いて感動してしまいました。
子育て二人目にして初めて「たそがれ泣き」の正体がわかったような・・・まさしく目からウロコ状態のマミーさんなのですぅ。
同席していたシロクマ氏も同じ気持ちだった様子・・・昨日はたそがれ泣きしているセィオを抱っこしては子守唄まで歌っていた始末です。(怖)

そりゃ~せっかく授かったBuddyに嫌われては大変だわね。セィオとの信頼関係しっかり築いておかないとね~。・・・の涙ぐましいまでの彼の努力の姿を垣間見てしまいました。(笑)


でも、このお話が聞けてセィオのたそがれ泣きにも気持ちの余裕を持って対応できるようになった私たち。・・・ありがたいお言葉でした。

それにしても
赤ちゃんって未知の世界がいっぱい。二人目でもまだまだわからないことが沢山です。

※写真はセィオのブルーブック。オーストラリア版母子手帳です。※

[PR]
by sumie-s | 2008-10-17 07:34

プチ引きこもり生活の息抜きは・・・。

プチ引きこもり生活の息抜きは・・・昼寝とママ友との楽しいおしゃべりに限ります。
シドニーに越してきてからお世話になっている、近所のママ友さんが星豪の顔を見にきてくれました。
12歳のお姉ちゃんを筆頭に8歳、4歳、2歳の3人の男の子、計4人お子さんを持つママ友さんとのお話は子育てで見失いがちな勇気と希望をもたせてくれて・・・心が軽くなりますねぇ~。

せっかくの大切なゲストをもてなすためにレモンショートブレッドを焼いてみました。
とても簡単でお茶うけにはピッタリ、さらにさわやかなお味がとてもおいしかったので、リピート決定。
(Cookpadのこちらのレシピを拝借しました。ドロシーママ:ショートブレッド☆レモン
今回は薄力粉を使って、とても軽~い仕上がりでそれはそれで上品なお味でよかったのだけれど、もう少し歯ごたえがあってもよさそうかな。・・・って思ったので、今度はAll Purpose Flourで作ってみようかな。
e0123596_1465429.jpg


2週間のパタニティ休暇をもらっているシロクマ氏の職場から星豪の誕生祝にハンパーが贈られて来ました。社員の家族も大切に扱ってくれる会社って貴重です。

家族ぐるみで人材を大切にする会社には良い人材が残るような気がするんですが・・・ポイントついてるな。って思うのは私だけかな。
e0123596_1481795.jpg
ま。シロクマ氏が良い人材かどうかは・・・謎ですが。(汗)
経済危機の渦巻く中・・・どうか首にだけはなりませんよ~に、しっかり働いてくれっ!



なにはともあれ。
素敵なベイビー服とグッズの詰め合わせ、星豪に着せるのがたのしみです。

[PR]
by sumie-s | 2008-10-15 14:04 | Daily Living-Sydney

大雨の日・・・湿った一日。

昨夜からシトシト雨、そして、午後には土砂降りに。
プチ引きこもり生活中の私にはぴったりの陽気。
のんびり焼き菓子でもつくろうかなぁ~。・・・
でも、洗濯物が乾かないのでそれだけがネックかな。

アメリカ生活中は「洗濯物を干す。」という習慣を忘れていましたが、こちらオーストラリアに来てからほとんどドライヤーは使わない生活に戻りました。
最初は面倒くさそうだな。って思っていたんですが、洗濯物を干すという作業。・・・なかなか気持ちが良くていいですね。

そして。
湿っていたのはお天気だけじゃありませんでした。
英美里さん。今朝はおねしょでお目覚め。(笑)

ここ数ヶ月おねしょってしなかったのに・・・昨夜のしとしと雨の音でおねしょしちゃったのかな?それとも、何か夢でもみたのかな。

そしてそして。
英美里の時には迷わず、使い捨てオムツ派だったんですが、今回「布オムツ」に興味を持ったマミーさん、Combimini布オムツを購入してみました。

とは言っても、自宅に居る時の昼間だけ。外出時と夜は使い捨てに頼っているナンチャッテ布オムツ派。軟弱布オムツ派とも言うかな。

で。
湿ったのはシドニーの空と英美里のシーツだけじゃありませんでした。
星豪・・・こちら大荒れでございました。(爆)
今日はいったい何回「うんち」をしたんでしょうか?
e0123596_1319856.jpg

Grandadから届いたお祝いのカードと一緒に・・・スヤスヤと心地よさそうにお昼寝中・・・その姿はまさしく天使・・・はい。親ばかですぅ。
(ピンクに包まれてますが。・・・星豪です。)

でもぉ・・・この後雲行き怪しく、大荒れになりました。
お天気のち雨あられ。
ってな具合ですぅ。

「男の子ってうんちの回数多いっていうけど、ほんと~だなぁ~」って心底おもった一日でしたぁ。



e0123596_2271989.jpg
なんだかとっても湿った一日だったんですが、お隣の韓国人のママ友がお祝いの花束を届けてくれました。何かと忙しい子育ても、素敵な暖かい贈り物があるとがんばれますねぇ。・・・暖かい隣人にも恵まれてシドニー生活なかなか順調。


何はともあれ・・・
明日は晴れますよ~に!

と祈りつつ・・・おやすみなさい!
[PR]
by sumie-s | 2008-10-14 13:29 | Daily Living-Sydney

わたしね、おねえちゃんになったんだよ。

「おててをパチン! せんせ~、いただきます。みなさん、いただきます。」



突然、一人でおとなしくおままごとをしていた英美里の部屋から聞こえてきたのでビックリです。
「あ~ぁ・・・幼稚園で習ってきたんだなぁ~~。なつかし~、そういえば、私も幼稚園のお弁当の時間に言ってたな~。」
・・・って
英美里がたどたどしくいうその言葉に大うけしてしまった私。
くすくすと笑いが止まりませんでした。

シドニー郊外にある「日本の幼稚園」に通い始めてから数週間。
習ってくるお歌や、挨拶は懐かしいものばかり。
「日本の幼稚園に通ってたらこんなかんじなんだろぉな~。」
なんて、ここシドニーにて擬似日本の幼稚園体験をしている英美里を見て母はひそかに楽しんでます。

そして、その英美里さん。
最近、一人っ子を卒業しておねえちゃんになったわけですが・・・私がいなかったのはたった1週間の話なのに、この1週間の間の彼女の大きな成長振りには目を見張るばかりの母。・・・なのであります。


大きくなって、いろんなことが一人でできるようになったし、口も達者になったとは言っても、まだまだ4歳半のちいさな女の子です。突然、家族の中での一番の座を奪われることには混乱もあったでしょうし、寂しい思いもしていたはず。嫉妬もあるでしょ~ね。


星豪、出産当日にはお友達のおうちに一晩、「一人で初めてのお泊り。」を経験した彼女。
いくら気の合うお友達と楽しい時間をすごしたとは言っても、さすがに夜はマミーさん、ダディさんが恋しくなったみたい。お友達のお父さんに「英美里のダディさんはいつお迎えにくるの?」とさみしそうにしていたのだとか。・・・出産した翌日に電話して「今日、ダディさんお迎えにくるからね。」っていうと、いつもだったら私が居なくてもぜんぜん平気な彼女がもじもじしながら「マミーさんほしぃ。」っていうのを聞いたときには、「寂しい思いをさせてしまったねぇ~。でも、泣かずに乗り切ってえらいなぁ英美里ぃ~。」って産後のホルモンバランスの変化も手伝って、不覚にも目頭が熱ぅ~くなってしまったマミーさん。

そして。
マミーさんがおうちに居ない5日間、ダディさんと二人きりで「クレイマー・クレイマー生活」だった英美里さん。
私が居なくても家事も器用にこなすシロクマ氏のことだからあまり心配はしていなかったのだけれど、ふたりの話によると、意外にすったもんだしていたようす。・・・そんなダディさんとの試行錯誤の生活のなかでもいろんなことを身に付けたのでしょうね。もう、夜中にトイレに目が覚めても一人で行って一人でベッドに戻って寝るようになったし、私が入院生活から戻ってからというもの彼女の行動の節々が大人びて見えるようになりました。


e0123596_691099.jpg

「わたしのかわいいベイビーブラザー星豪。」
って、いとおしそうに星豪の頭をなでる英美里は、彼女なりにいろ~~んなことを乗り越えて、しらずしらずのうちに、すっかり立派なおねえちゃんに成長しているのでありました。

「ついこの前まであなたも赤ちゃんだったのにね・・・すごいなぁ。・・・英美里。」ってマミーさんを驚かせている彼女。弟ができてよかったね。


星豪が生まれてきて、家族4人になり「シロクマ家」がようやく完結したような気持ちがする今日この頃です。
[PR]
by sumie-s | 2008-10-12 06:07 | 英美里 Emily & 星豪 Theo