人気ブログランキング |

Getting a Driving Lisence in Toronto.

シドニー生活も残りわずかとなったときにPCが突然壊れてしまい、それ以降、亀の歩みのごとくスローな古株Vaioちゃんを使い続けて早数ヶ月・・・ストレスのため白髪も増えたような(笑)昨日ようやく待ちに待ったさくさく~っと動くPCちゃんが届き、昨日はデーター移動させたり、ソフトをダウンロードしたり。
以前のPCは性能がよすぎてだめになったとでもいいましょうか。高性能のグラフィックカードが熱を持ちだめになるという不始末。それなりに値段がした割に2年持たずに寿命を迎え、保障期間も過ぎていたためあえなくお蔵入りしたので、今回はブログぐらいにしかつかいませんし、そこそこの性能のものを買って、3年保障をつけてもらいました。いくら日進月歩の世界のものとはいえども3年は使いたいものです。

そして、ブラウザーも今までInternet Explorerを使っていましたが、ドイツ、フランスではWarningが出されたくらいセキュリティ問題ありのようなので、今回からFirefoxに乗り換えました。
いちいち「このサイトは開いてもいいですか?」と聞いてくるのでちょっと面倒くさいところはありますが、安全性は高いようです。


さてさて。
今日はカナダはオンタリオ州の運転免許取得に朝早く出かけてきました。ひさびさの6時起き~。外真っ暗。子供たちも最近は8時ころまで寝ているので揺さぶっても何してもおきなくて大変でした。


眠い目をこすって免許センターに8時15分に到着。8時半から受付が始まるのですが、もうすでに多くの人が待っていました。いつもこの手の手続きは面倒くさいですね~。
でも、アメリカのときと違って手続きはすごくスムーズでした。(免許取得物語 in U.S.A.(マサチューセッツ州)       免許書き換えすったもんだのお話 in TEXAS。(そうこうしているうちにシドニー移動が決まったのでMA州の運転免許のまま過ごしました。)


日本とアメリカの運転免許は、オンタリオ州の免許と交換ができるとこのことでした。日本の免許と交換の場合は英訳が必要ですし、長い時間とお金をかけてとりましたし、帰国の際使うことも考えるとアメリカ(MA州)の免許のほうが手っ取り早いのでそちらと交換しました。
必要だったものはパスポートと交換する免許証と75ドル。そして、視力テスト。写真撮影。それだけ。

ちなみに日本・アメリカ(テキサス州)・イギリスの運転免許を保有しているシロクマ氏はイギリスの運転免許と交換しました。日本のは英訳の手間がかかりますし、かといってアメリカの運転免許でもテキサス州の場合は、過去に運転していたという証明書が必要なのだとか。なので、一番手っ取り早く交換できるイギリスの運転免許証と交換に。

この交換した免許証はそのご、取得元の国へ送られ、帰国した際にまたカナダの運転免許証と交換・・・とか。なんとな~くめんどうな気がしましたが、そういうことだそうです。
詳細はこちら。


さてさて。
ここでオーストラリアの運転免許はどうなっている。かと申しますと、テンポラリービザ滞在者はオーストラリアの免許証はいらないのでございます。太っ腹です。でも、ある意味怖いですね。

と。
今朝は早くから免許センターに連れて行かれお疲れさまぁ~。の英美里さん。
e0123596_1114468.jpg
いえいえ・・・この人はいつも疲れ知らず。今日も元気で一日すごしましたとさっ。

おつかれ~自分。

by sumie-s | 2010-01-21 11:15 | Moving to Canada
<< ところかわればものごともかわり... Heart Warming V... >>